渓流釣り(世附川本谷CR区間)

今日で3回目のCR区間のフライフィッシングに7:25に浅瀬に着くと、先行の車が2台駐車していた。
7:35に漁協のコンテナに行くと、下の河原にも1台駐車していて5人組みが準備を始めているところだった。
監視員のI氏と少し話をして、準備をしたフライを見てもらった。カラスのクイルのレッドティップガバナについては特にコメントが無かったので、多分効果が期待できないと感じられたのだろう。
 
先行者が入渓したらしいNo5と、これから5人組が入渓する予定のNo1の中間のNo3から7:50に入渓する。
源流と違って、狭い区間に大勢の釣り師が入渓するので、細かい配慮が必要なのである。
気温17℃、水温15℃で水量は少し増えている感じであるが、濁りは全く入っていない。青空が広がる快晴である。
 
8:02より釣りを開始する。最初のフライはビーズヘッドピューパ#8で、最も実績があるフライを一段大きなフックサイズにしたものである。
インジケーターは付けたが、ガン玉は付けず、ビーズの重みで自然に沈める感じである。
No1のプールに大勢で浮いていた大物は、迷惑そうな動きをして逃げて行ってしまった。
 
8:20から不老吊橋の下の大プールでも、同じフライをゆっくり沈めてみるが、魚が走り回るだけで当たりは全く来ない。作ったばかりのインジケーターの位置がキャストで動いてしまうという問題が表れる。海釣りでも使っていた木綿糸での浮き止めが、ハリスが細過ぎるせいかキャストでずれてしまうようだ。
十分に木綿糸を水に沁み込ませてから、糸の両端を引っ張りしっかり止め直すが、何回かキャストを繰り返すと下側の浮き止めが下がってフライと一緒になってしまう。今日はこまめに締め直しと位置調整を繰り返すしかないが、抜本的な対策をしなければならないだろう。
 
堰堤の下流から一度林道に出て高巻き、No4より再入渓して、8:40~9:40までの1時間夕滝前の大プールで4種類のフライで粘ってみたが、全く反応が無かった。
最初のフライのビーズヘッドピューパ#8で、一番下流の水深が深い魚群が濃いところを流す。前回と較べて水量が増えているせいか、フライは軽快に流れて行く。ピューパは底から水面に上下動をさせて流すと本に書いてあったので、上流にキャストし、目の前でロッドを止めて、下流で浮き上がらせる動作を繰り返したが、魚群は勝手な回遊を続けており、フライの近くの魚だけがひょいと動いて避けている。時々一斉に集団で走るが、再び戻ってくるのは別の原因のようだ。上空からは木の実がポトンポトンと落ち続けていた。
次にフライの出来栄えが美しいレッドティペットガバナー#8を流す。ウエットフライは水中での動きが重要で、魚の注意を集めるために色々な誘いをすると本に書いてあったので、落込み直後から淵尻まで何度も川岸を往復しながら、底から水面までの上下動や、水流クロスの走行、ひらひらと舞い踊りもさせてみたが、魚はフライを避けて逃げるだけで、当たりは無かった。カラスのウイングは丈夫でしっかりとフックの上に立っていた。
3番目は期待の高いカディスラーバ#10で、一杯レッドワイヤーを巻いて重くしてある。べた底を丹念に引いて探ってみるが、全くゴミでも流れているとしか思えないほど、サッパリ反応が無い。試した4種類のフライの中では一番NG度が高く、ガッカリ落胆する度合いも重かった。
4番目のオレンジパートリッジ#8は、一番魚群の反応があり、警戒して逃げる魚や、近づいて一緒に走る魚がいて、プールの中が大混乱の騒動になったが、結局フライに食いつく魚はいなかった。
9:40~9:45まで落ち込みを流したが、全く反応が無かった。
 
9:46~9:55まで4番目の右に曲がる大プールは、魚の溜まっている水深がある左岩壁の深みでは、魚群が一発でパッと散り、ゆるい流れ込みの中では25cmのレインボーが釣れた。30cmも水深が無い浅い流れ込み下流の深みに大物が3匹待機しているのが見えたので、この魚を釣ろうと仕掛けを流したのが先に小物が釣れてしまった。その後同じところからフライを流し込んだが、3匹ともすぐに逃げてしまった。
10:00から右に曲がって浅い瀬が連続する地帯になる。源流と同じように魚が走り回っているのが見える気持ちが良いところである。
浮き下を30cmに短くしてテンカラキャストで気持ちよく投げながら進むと、バシバシと当たりが連続する。インジケーターが一寸止まったら合わせをくれると、ガンガンガンとロッドが曲がってバレる。
10:04に25cmのレインボー、10:10にも25cmのレインボーが釣れたが、バレたのが10回くらいはあった。
10:12~10:22までコーヒーとケーキで休憩する。
 
休憩後フライを再びカディスラーバ#8に戻す。なんとか魚の注意を引いてくれないかと浅瀬にキャストしながら進んで行くが、魚が走り回っているのは同じなのに、全く魚信が無くなってしまった。オレンジパートリッジとの違いは明白であるが、もう少しこのフライを試す。
10:47にNo7の入渓口の大石の好淵にも魚が群れている。慎重にロングキャストしてフライを流すが魚は反応しない。
11:00に6番目の大プールにも魚が群れていたが、魚信は無かった。
カディスラーバ#8はゴミと同じくらい全く魚の関心を引かないことが確認できたので、フライを交換する。
 
11:12にビーズヘッド・ヘヤーズイヤー・ニンフ#8に替えて、岩壁の淵を流していると、2人の釣り人が追いついてきた。というより多分No7の入渓口から入ってきたのだろう。先に行ってもらっても良いと思って待っていたが、引き返してしまったらしく、姿が見えなくなった。
左に曲がる7番目の大プールにも魚影は見えたが、大物の姿が見えないので、11:20から奥まった浅い落ち込みにフライを入れて探るが当たりは無かった。
11:25からその上の小さな浅く広い落ち込みに大物の魚影が2匹見える。ニンフを流すと一緒に走って追うが、フライには食い付かない。この魚は食欲はあるが、フライが悪いのだろうと思い、さっき良く当たったオレンジパートリッジ#8にフライを交換する。このフライは魚の注意を引くらしく、フライを流したらあっという間に2匹ともいなくなってしまった。きっと誰かに釣られて痛い思いをしたことがあるのだろう。
 
11:37~11:52までNo8の入渓口の大プールの前の砂場で昼食休憩する。日差しがまぶしいくらいに渓流にも差し込んでとても暖かい。
昼食後前の大プールに特大サイズの魚影が見えたので、慎重に遠くからフライをキャストしたが、1mの浮き下のフライが泡立ちからプールに流れて行くとサッと下流の方に逃げていってしまった。
12:05からは源流のような浅い小さな落込みが連続する好渓相になる。
浅い早瀬ではバンバン当たりがあったオレンジパートリッジであったが、魚影が走り回っているのに全く当たりが来ない。泡立ちの筋や、袖、筋のすぐ脇など位置を変えて仕掛けを流すが、全く魚信が来なくなってしまった。
 
12:15に一番実績があるビーズヘッドピューパ#8に再びフライを交換してみたが、変化は無く、魚が走るのに当たりが来ない状態が続く。
12:36~14:15まで1時間40分間、前回に4匹レインボーを連続して釣り上げた大石の細く深い淵と、広く浅い落ち込みのある場所で粘り、ついに45cmのレインボーを釣り上げたのである。体高が11cmと太く下あごが上に曲がったオスであったが、残念ながら尾ビレはすり切れていて、美しさには欠けていた。
大石の下流の砂場から、目一杯浮き下を深くして1mとして、ピューパを流す。ここは淵の真中の一番良い所に大石があるので、フライを上下させたりする細工が何もできないし、ティペットが1mに短くなってしまったのでリーダーとの継ぎ目にぶつかって浮き下も深くできないのである。
何度か軽い当たりがあったがバレ、12:50に25cmのレインボーが釣れた。結構暴れたが魚群を形成する魚達は、散らずにその隊形を維持している。
13:00に大石の上流の砂場に移動して、落込みからフライを流すと、大物が掛かったのである。すぐにデカイと分かったのでバレないようにロッドを立てて弾力を生かし、ラインを左手で加減して魚とやり取りすることにしたが、上流に向かったのを引き度し、下流に向かったのを引き戻し、一度は上流に向かいそうになったのが、そのまま下流にガンと走ったらリーダーが継ぎ目の上から切れしてしまった。僅か30秒の出来事であった。
5Xのリーダーがあの程度の衝撃で切れる訳が無く、傷でも入っていたのだろうと思い直し、ティペットは結ばず直接リーダーにビーズヘドピューパ#10を結び、浮き下を1.5mに深くした仕掛けを作り直した。#8のサイズが無くなってしまったので、#10のピューパにしたのである。
 
13:25から再開すると、すぐに25cmのレインボーが13:30に釣れた。僅かな浮き下の変化であるが、底からは離れていたようだ。
空が暗くなって雲が厚くなり、雨が降ってきそうな薄暗い雰囲気に変わってきた。
13:43にインジケーターの動きが止まり、聞き合わせをすると重いので強く合わせをくれる。動かないが再び大物が針掛かりしたと確信する。数秒後上流に魚が走り出す。すごい勢いだ。ラインを緩め川の中に入って止めると逆に下流に走る。ここでもラインを延ばしてさらに川の中に入る。リーダーは切れない自信があるがロッドが根元から曲がってブルブル震えている。
この引きに耐えると上流に向かって走り出す。ラインを手で手繰りきれないで緩みそうになったので砂地を走りながらテンションを維持すると、豪快なジャンプをして初めて姿を現した。かなりの大物であることは確かだ。
魚は水中深く潜ったままで強い抵抗を続けているので、右腕が次第に痺れてくるが、このテンションを緩めてはいけないのだ。
必至に川岸の砂の上を走り回り、衝撃を与えずにテンションを緩めないようにして相手の疲れを待つ。
約7分を経過した13:50頃になってようやく魚の姿が水面に現れるようになる。ここまで来れば勝ちは見えてきているので余裕が生まれる。
次第に魚が浮き出すが、思い直したように強く暴れることがある。最後まで慎重にテンションを緩めずに弱らせ、川岸に近づけるが、砂地に魚体が触ると本能的に強い引きで水深が深いほうへ逃げて行く。
このやり取りをしながらラインを手繰って短くし、最後には尾の方からタモを入れて一緒に砂地を駆け上がった。時刻は13:54で11分の死闘で大物レインボーをついに釣り上げることができた。
魚も精根尽き果てたらしく、大きく息を吐くだけで動かないので、素早く写真を撮り、測定を行う。体長45cm、体高11cmの下口が曲がったオスのレインボーであった。逃げられたのとは違うらしくフライは咥えていなかった。尾ビレがすり切れて真っ直ぐになっているので放流されて時間が経過していないことを示している。天然の美しさは残念ながらない。
 
その後14:20までコーヒーを飲みながらカリントウを食べて休憩する。デジカメにしっかり5枚も撮影したが美しく映っているのを確認してニンマリする。
14:26に最後の右岩壁の大淵にも大物が数匹見えたが、数回フライを流してみたが逃げ回るだけであった。大物との死闘でフライもハックルが無くなり、ボディーもボロボロになっていたので、魅力が感じられなかったのだろう。
14:42にNo9の入渓口に着き、林道に上って、ゆっくりと浅瀬に引き返す。
15:05に浅瀬の漁協の事務所に着いたが、監視員のI氏に6匹しか釣れなかったというと、今日のコンディションで20匹は釣れないとおかしいと言われたが、45cmを1匹釣りましたと言うと話がはずんで、25分も話し込んでしまった。
レインボーは海のスズキと同じようにジャンプをしてハリスを切る名人で、大概の釣り人がこれでハリスを切られているらしい。60cmのレインボーを入れてあるので、これを釣り上げるまで頑張ってくださいと激励された。
また雲ってきたら急に魚に食気が出てくるのは、気圧の影響で、低気圧が近づいてきて気圧が下がると、雨が降って水量が増え、エサが一杯流れてくることを魚は敏感に感じ取って食欲が出てくるらしい。登山用の高度計を渓流釣りにも携行し、水温とともに気圧のチェックもしたほうが良いと思った。
15:40に浅瀬を出発して、17:31に自宅に着いた。
 
 
01体長45cmのニジマス07-10-3002浅い瀬に魚影が走る07-10-3003浅い小さな落ち込みにも魚影が07-10-30
 
04No9下流のトロ場にも大物の魚影が07-10-3005不老吊橋の紅葉07-10-30
 
広告

大き目のフライを巻く

午前中はTVでレッドソックスの試合を観戦し、午後からはフライを4種8個巻いた。
レッド・ティップ・ガバナ#8はウエットフライで、ウイングの材料が手元に無かったので、公園に落ちていたカラスのクイルを使って2個巻いてみた。
ビーズヘッド・ピューパ#8はこれまで2回の世附CR区間の釣行でニジマスに一番当たりがあるフライで、#16、#13、#10と大きくするに従って食いが良くなっているので、手持ちのフックの一番大きなサイズで2個巻いてみた。
ビーズヘッド・ヘアーズイヤー・ニンフ#8も、#16、#12とサイズを大きくすると食いが良くなっているので、今回#8のフライを2個巻いてみた。
オレンジパートリッジ#8もこれまで、#16、#12とサイズを大きくすると食いが良くなっているので、今回#8のフライを2個巻いてみた。
 
フライのサイズが大きくなれば良いとは思えないが、こうしたサイズ変更でニジマスの反応がどう変化するのかとても興味がある。
まだ試していないカディスラーバも3種類新しく準備してあるので、今度の釣行が楽しみである。
 
01レッドティップガバナー#8 07-10-2902ビーズヘッドピューパ#8 04-10-2903ビーズヘッドヘヤーズイヤーニンフ#8 07-10-2904オレンジパートリッジ#8 07-10-29

発眼卵の放流

昨年は一般公募の放流に参加して初めて発眼卵の放流に参加したが、今年は従来通りの釣りクラブ単位での放流しかないということなので、お願いしてY氏のグループの放流に参加をさせていただいた。
Y氏のグループは29年前から放流を継続して行っている、日本でも最古参のグループでその情熱が衰えることなく継続していることに、頭が下がる思いがする。心の底から敬意を表したいと思います。
 
私を含めると9人の人数で、3万粒の発眼卵を玄倉、中川、世附の3河川に分けて放流を行った。
放流は直播きとデータBOXの2種類の方法を組み合わせて行っていたが、どういう理由で使い分けているのかは良く分からなかった。
石でしっかり囲いをして卵が他の成魚や鳥に食われないようにガードしたり、BOXを針金で岩に結びつけた上で、大きな石を置いてガードを固めたりのかなりのハードワークであった。
設置場所の選定は良く分かっていないので、石を運んだりする下働きであったが、少しづつ放流の雰囲気が分かってきた感じがしている。
 
8:30から作業を始めて、途中で車がパンクする事故もあり、終了したのは15:00であった。
大ベテランのY氏から、直接発眼卵放流の草分けからの経緯を伺えたのはとても良かったが、全員が全てリリースをするというグループだったので、私が今年40匹もキープをしたということは、とても良くない出来事であったようだ。
 
放流作業の途中で、昨年まで週末の浅瀬で良く顔を会わせることがあった釣り人と久しぶりに顔を合わせて懐かしい思いがしたが、皆さん魚を釣るだけではなく、資源保護の活動にも参加されているのをみると、西丹沢の渓流はこれからも日本一の渓相を維持して行けそうな気がしてくる。
 
01検卵07-10-2802直撒き放流07-10-2803BOXに発眼卵を入れる07-10-2804石裏にBOXを設置07-10-28
 
 
 
 

マーカーの製作

昨日と今日の2日間、台風20号の影響で雨が降り続いた。
永らく雨が降っていなかったので、庭の植物にとってはとても良い栄養補給になったのではないかと思う。
 
昨日の夕方、釣具店で発泡スチロールの棒材と赤、黄の蛍光塗料の材料を購入してきたので、今日は25mmごとに切断してから、ナイフで丸みを付け、その後2色の蛍光塗装を施して19個のマーカーを作成した。
美しさをしっかりと実現するなら、ナイフで削りだした後にヤスリで丸め、赤と黄色の塗装の間に黒の仕切りを描くと完璧なのだが、渓流では観客がいないのでそこまで美しさを追求せずにいい加減な形成で妥協してしまった。
 
この程度の仕上げで、浮きとしての機能は十分であると感じられた。
コスト的には、今回の材料の購入費で、単価が40円とほぼイーブンで、塗料が一杯余っているので、後はスチロール材を購入して一杯作れば極めて安価になるのだが、マーカーをそんなに一杯作っても使い道が無いので、自製と購入であまりコストが変わらないことが分かった。
 
01自製マーカー07-10-27

当たりフライはカディスラーバ?

今日は昨日の釣行記を午前中に書き上げてから、午後からは損耗したフライを巻き直す作業を行った。
アニタオデイを聴きながら、フライパターンマニュアルと自分のメモ帳のマテリアル表を見ながら巻き直しを行っていたが、途中でひらめいたことがあった。
昨日の夕方ニジマスが喰いあげてきたビーズヘッドピューパ#10のフライは、魚にとってはカディスラーバだったのではないかという疑問である。
源流でイワナが川底を喰っていたら、カディスラーバであるとフライパターンマニュアルには書いてあった。
黄色と茶色のツートンカラーにゴールドワヤーという外観が極めて似ているのである。
昨日は5号のオモリを付けて川底をベタに流したが、この方法はピューパというよりラーバそのものの流し方なのである。
大き目のフライがヒットしたことも、実物の虫の大きさを考えると納得できる。
よしこれだと、ラーバのマニュアルに従って、#10と#12の標準フライを作り、勢いに任せて色違いの#12のフライまで作ってしまった。
すぐにでも確認の釣行に行きたいところだが、色々と先約があって今週は時間が取れないので来週になってしまう。
来週試してみる新しい一つの方策が準備できたといえる。
 
01カディスラーバ#10 07-10-2502カディスラーバ#12 07-10-25

渓流釣り(世附川本谷CR区間)

今日は2回目のCR区間のフライフィッシングをしようと、浅瀬に7:35に着いたら1台先行車があった。
支度をして漁協のコンテナハウスに、7:45に出向いたら顔馴染みのH氏が今日の担当で、コーヒーやお菓子をご馳走になって話し込み、8:00に歩き始める。
先行者はNo5から入渓しているという話であったので、初めての区間であるNo1から8:06に入渓する。
気温15℃、水温13℃でかなりの減水である。
 
支度をして大又沢出合の最初のプールから、8:21に釣りを開始する。
フライはゴールドリブド・ヘアーズイヤー・ニンフ#16にする。マーカーのみ付けてオモリは付けない。
良型の魚が一杯群れている。ここは浅瀬橋から一番良く見える場所なので、あまり格好の悪いことはできないと、ラインはあまり出さず(出せないのだ!)歩きながら探るが、魚は逃げずに関心も示さない。
8:50まで約30分間でプールを一周してみたが、全く反応が無かった。まだ寒いのかもしれない。
 
二又の流れの右側は涸れてしまっているので、左側の水流を遡行する。浅い早瀬で落込みが連続し、泡立ちがある好きな渓相であるが、今日は水量が少な過ぎるようだ。テンカラキャストで泡立ちにフライを落として流すと、石裏から魚が走り出てくるが、フライを喰わずに逃げてしまう。
左の岩壁にきれいな野草が咲いていた。
9:12に中州が終点となる下流の好淵で、フライを流すと良型ヤマメが走り出てきて、フライを凝視しているが、最後には心配で喰うのをためらっているうちにフライが流れ去ってしまう。9:18に5号のガン玉を追加してフライを早く沈めるようにしたら、マーカーに当たりの魚信が出るようになったが、合わせても針掛かりしない。3度繰り返したら姿が見えなくなってしまった。
 
9:30に中州が終わり、右に大きく流れが曲がるところに第2のプールが広がる。左の岩壁の一番水深が深い所に魚が一杯たまって群れているのが見える。浮き下30cmのまま数回流しても無視して反応が無いので、1mに深くして流すと、魚の群れは一旦は散るがすぐに同じ場所に集まってくる。
フライを嫌っているのは明白なので、9:45に諦める。
9:45からはこのプールの落込みの泡立ちに浮き下を30cmに戻してフライを流す。何度か魚が反転するキラッと白い光が見えたが、当たりは無かった。
 
9:56からは不老吊橋下の第3のプールに大物の魚影がたくさん見えたので10:25まで約30分間粘る。このプールの場所も林道から良く見えて、散歩をしている家族連れに見詰められて思わず緊張する。
最初に同じニンフをガン玉を外して流したが、淵尻に待機していた数匹の魚がフライ目掛けて走り出して、そのまま泡立ちまで逃げて行ってしまった。
釣りの本にはスレた大物の魚を釣るには、大きなフライではなく小さなミッジが良いと書いてあったので、今日は2種類のミッジを巻いてきてある。
ユスリカアダルト#18とパラミッジ#16だが、老眼でも見え易いユスリカアダルト#18を選択する。
萱が左の河原に茂っていて、ロッドを振るとすぐにフライが萱に引っかかってしまうので、砂で埋まって浅くなっている水中に立ってキャスティングする。その足元まで大きくきれいなヤマメが回遊してくる。
水の表面には木の葉も流れているのだが、私の小さなユスリカのフライをゴミと認識しているのか、全く無視している。同じ場所に投げても魚のほうが回遊しているので良いのだが、少しずつ前進しながらプールの全面にフライを落としてみるが平然と回遊を続けて全く関心を示してくれなかった。
このプールのなだらかでほとんど泡立ちの無い落込みで、10:25からフライを落とすとすぐに当たりがあったが合わせが遅すぎたのか、ガンガンと2度魚が暴れてバレてしまった。2度目はかすかな魚信でこれもすぐにバレ、魚はいなくなってしまった。
 
10:35~10:40まで堰堤の下の幅の広い小さな段差の落ち込みを調べたが、魚影は見えなかった。
一度林道に出て、10:45にNo5のポイントから再入渓する。
すぐに夕滝の前の良型魚影が群れるプールになる。日曜日に一度竿を出しているのだが、今日も大物小物入り混じって一杯魚が溢れている。
10:48~12:00まで1時間以上もフライを4種類替えながら粘ったが、結局一度も当たりが無かった。
今日はここで尺以上の大物を仕留めると意気込んでフライを巻いてきただけにガックリしてしまった。
 
10:48~11:00まで一番手前の林道側の水深の深いところに、ユスリカのミッジを水面に落とす。砂地の上から近づきすぎて一旦は私を見つけて逃げてしまった魚群が、すぐに戻ってきて、この深みに群れている。流れがほとんどないのでユスリカのフライは魚群の上に止まっているだけである。上空の樹木からは木の実がポトンポトンと定期的に落下しているのだが、底に群れている魚群はフライにも木の実にも全く反応を示さない。
11:03~11:20まではウエットビートル#8のフライで淵尻から半分くらいまでのプールをテンカラのように水面を叩く。今日一番大きなフライでミノ毛のようなヘンハックルとウイーリーを下巻きして太らせた上にピーコックを巻いたBodyだけで、とても単純なテンカラの毛バリそのものである。これを水中に沈めて流すのではなく、水面を叩いて底にいる魚に注意を促して釣るのだと、先週漁協のI氏に伝授してもらった秘策なのである。
バンバンと水面をフライで叩きまくったのだが、底に群れている魚群は全く何の反応も示さないのである。逃げもしないし、走りもしないし、そのままで完全に無視されたのである。確かに木の実が落下しているのに興味を示さないのだからテンカラにも興味を示す訳が無いのかな?
11:25~11:48まではソーヤーズニンフ#12のフライをマーカーとガン玉を付け、浮き下を1mにしてプールの落込みから半分までの上流側を流す。上流側半分くらいまでは、水流が流れているので、フライが底を流れて行くが、魚群に何の反応も無い。魚のすぐ側を通過しているのだから何も反応しない訳が無いと、水底を凝視してみると、フライが流れていると思われる位置の魚が少しだけ動いて避けているのが分かった。全ての魚にフライを見せれば中には変わり者もいるだろうと、流れる筋を少しづつ変えてプールの全幅に渡ってフライを披露したのだが、1匹も関心を示してくれなかった。くやしい!
11:50~11:55までビーズヘッドピューパ#16にフライを替えて、浮き下を同じ1mで同じ場所を流したが、無反応は同じであった。
11:55~12:00まで浮き下を30cmにしてこのプールの落ち込みを探ったが、魚信は無かった。
 
12:01~12:15まですぐ隣の左岩壁の第4のプ-ルの砂地で昼食休憩を取る。疲れがどっとでてくるような惨めな気持ちであるが、空は快晴で暖かく気持ちの良い渓流の中で楽しんでいるのだからまあ良いかという気持ちになる。満腹になると気持ちも明るくなるのである。
昼食休憩後、12:15~12:20までこのプールの落込みにフライを流す。鏡のようになったプールにフライを流すのは諦めて、落込み付近の水流が流れている場所だけにする。良型の魚が2匹待機しているのが見えたが、フライを流しても全く何の反応も現れず、哀しい気持ちになってしまった。
12:30にNo6の入渓口付近の大石のトロ場に仕掛けを流すと、マーカーが一気に引っ張られたが、針掛かりはしなかった。
この後、渓流らしい落込みや淵が増えてきて好渓相になるが、水量が少ないせいか、魚が走っているのはみえるのだが、落込みの泡立ちはトロトロと元気が無く、魚にも食気が無いため、当たりが全く途絶えてしまう。
 
12:50に先週入渓したNo7の入渓ポイントから釣り人が入ってくるのが見えた。こういう釣り場では、源流ではありえない途中からの入渓が普通に行われているが、20mも離れていないので、少し間隔を空けるために、小さな岩場の流れで20分ほど時間を使う。
しつこくフライを流していたら、いつの間にか魚が遡上してきて、フライに強い当たりがくる。気合が入っていなかったせいか、数度のファイトでバレてしまった。魚体はかなりの良型であったので、惜しかった。
先行者は、日曜日にキッズアングラー教室が開かれたプールでかなり粘っていたが、やっと姿が見えなくなったので、13:15に左に曲がる第5番目のプールに進む。教室用に大量に放流したニジマスが残っていたが、フライに全く反応しない。パートリッジ&オレンジ#12にフライを替えて13:45まで粘ってみたが、当たりは来なかった。
13:45からこのプールの落込みでも当たりが無く、対岸の岩場にフライを引っ掛けて無くす。
14:02からビーズヘッド・ヘアーズイヤー・ニンフ#12にフライを替えて、落ち込みを釣り上り、14:18に釣り教室の2番目の淵でやっと25cmのレインボーを釣り上げた。
14:30~14:45まで魚が下流に頭を向けている淵では、最後まで当たりが来なかった。
教室で使った淵は4個所で約2時間の釣りであったが、小学3年生のキッズアングラーは10匹以上も釣り上げ、私は今日約1時間の釣りで1匹しか釣れなかった。本当に恥ずかしい。
 
14:52にNo8の入渓ポイントの第6番目のプール、15:20に第7番目のプールでも魚信が無く、15:35に細長い第8番目のプ-ルに着いた。
ここは超大物が3匹いるので期待していたポイントであるが、今日はプールでの魚信が全く無いので半分は諦めていた。案の定、フライを流しても密集した魚群が少し動くだけで、反応が無い。
15:40にフライを上の樹木に引っ掛けて無くし、ビーズヘッドピューパ#10にフライを替える。
ところが、何故か理由は分からないがこのフライには魚群で一番小さな25cmのレインボーが良く食いついたのである。
キャスティングして流すと、毎回マーカーが必ず沈んで当たりがあり、15:50、15:58、16:04、16:10と25cm~26cmのレインボーが入れ喰いで4匹釣れたのである。釣れないときでもバレているだけで、当たりはあったので、とても楽しい30分間を過ごすことができた。
しかし、尺や40cmを越える大物がゾロゾロいて、60cmが3匹もいるのに何故かそうした大物には反応が無く、小物が針掛かりして暴れていても群れが散らないは不思議であった。
 
16:25にNo9のポイントについて、ロッドとタモ網を仕舞い、脱渓して林道を歩いていると、漁協のH氏が監視パトロールしているのにすれ違った。柿をいただき、これをかじりながらゆっくり歩いて、16:50に浅瀬に着いた。途中の渓流で3人釣っているのが見えたが、他にも1名がまだ竿を振っているらしい。
17:07に暗くなった浅瀬をヘッドライトを点灯して出発し、途中渋滞も無く19:02に自宅に着いた。
 
最後のプールで、突然小型のレインボーが食気を見せて、バタバタと連続して釣れたのにはビックリした。これまでプールでは全く魚信がなかっただけに嬉しかったが、フライの種類によるものか、夕暮れ時の時間帯によるものかは分からない。多分薄暗くなったことが一番大きいと思う。
昼間のプールでは、ミッジ、テンカラ、ニンフと色々な攻め方をしてみたが、魚はまるっきり関心を示してくれなかった。
なんとか新しい工夫をしないと、残された時間は少ない。
 
01大又沢出合のプール07-10-2402秋野草が渓流に咲く07-10-2403中洲出合の第2のプール07-10-2404不老吊橋下のプール07-10-2405夕滝前のプール07-10-2406夕滝プールに魚が群れる07-10-2407第4のプール07-10-2408No6入渓口の大石のトロ場07-10-24
 

ニンフ、ミッジのフライ製作

昨日と今日の2日間かけてせっせとニンフ、ミッジのフライを巻いた。
前回は1カ月振りだったので、かない戸惑ったが、今回はスムースにフライを巻くことができた。
2日間で22個のフライを巻いたので、かなり疲れてしまった。
 
前回初めてのCR区間の釣行で、トロ場や大淵の深い所に位置している魚は、水面をドライフライが通過しても、少しは興味を示すものの、浮上して食いつくことが無かったので、ドライフライ中心の品揃えでは対応ができなかったことから、今回は沈めて使うニンフと、スレた魚用にミッジを巻いてみた。
01のゴールドリブド・ヘアーズイヤー・ニンフは#12×2、#16×2
02のウエットビートルは#8×2
03のビーズヘッド・ヘアーズイヤー・ニンフは#12×2
04のオレンジ・パートリッジは#12×2
05のビーズヘッド・ピューパは#10×2
とこれまで既に#16でフライを巻いた物については、大き目のフライを巻いてみた。
 
初めて巻いたフライは
06のソーヤー・ニンフは#12×2、#16×2
07のユスリカ・アダルトは#18×4
08のパラミッジは#16×2
とスレた魚を釣るために小さいサイズのフライを用意した。
 
明日は最初に支流の大又沢のCR区間に入渓して、渓流探訪をしながらフライを試し、夕方には本谷の大トロ場のどこかで、ミッジに興味を示すかどうかの確認をしたいと思っている。
 
01ゴールドリブドヘアーズイヤーニンフ#12 07-10-2302ウエットビートル#8 07-10-2303ビーズヘッドヘアーズイヤーニンフ#12 07-10-2304オレンジパートリッジ#12 07-10-23」05ビーズヘッドピューパ#10 07-10-2306ソーヤーニンフ#12 07-10-2307ユスリカアダルト#18 07-10-2308パラミッジ#16 07-10-23

前へ 過去の投稿