アサガオ・フウセンカズラの種蒔き

今日は朝から日差しが厳しく、春というより真夏の陽気になってしまった。
 
夏の花の種が残っていたので、暑い日差しに誘われてポットに種蒔きをした。
種は2年前に採取したものばかりで、ヘブンリーブルーの種にはカビが一杯生えていたので、発芽するかどうかは不明である。
フウセンカズラは白いハートのマークが特長の大きな種で、これまでも発芽率はほぼ100%であったので、黄色のポット2個に4粒づつ計8粒の種を蒔いた。
ヘブンリーブルーは西洋アサガオで夏の暑さに弱いというところが日本のアサガオと違う点である。どちらかというと秋になって気温が下がりだすと元気に花を咲かせるので、8月頃に種蒔きをして9月の末から11月頃まで咲かせるのが良さそうであるが、取り合えずピンクのポット2個に7粒づつ計14粒の種を蒔いた。
真夏にも忘れずに追加の種蒔きをして花を咲かせようと思っている。
バジルはこれまで毎年2株の苗を購入し続けてきているのだが、2006年に採取した種が残っていたので、約50粒ほどを黒いポット2個にバラ蒔きした。
バジルの種はあまりにも小さく土の上に落とすと見えなくなってしまうので、穴を空けて蒔いてから土をかぶせるということが出来ない。
何もしないと風で飛んで無くなってしまうので、不織布で上面をカバーして水で濡らしておいた。
 
不織布のカバーは一杯残っていたので、バジルだけでなく、フウセンカズラやヘブンリーブルーのポットの上面も不織布カバーで覆っておいた。
フウセンカズラやヘブンリーブルーは実績もあり、必ず発芽すると思っているが、バジルが発芽するかどうかは興味が深い。
同じシソ科の大葉は、地面に落ちた種から毎年一杯新芽を出してきているのに、バジルは新芽が生えたことが一度もないのである。
 
 
01アサガオ・フウセンカズラの種蒔き08-4-30
広告

野菜の発芽

今日は曇り空であったが暖かく、10時を過ぎてから雲が切れて太陽が差し込んできた。
4月24日に野菜の追加の種蒔きを行ったが、キュウリ、ナス、中玉トマト、カラーピーマン、インゲン、ミスギ、レタスが発芽してきている。
追加の種蒔きからも、インゲン、レタス、ミスギから発芽が見られているので、あまり時間をかけて待たずに、双葉が出てこなかったら速やかに追加の種蒔きをしたほうが良いのかも知れない。
野菜の小さな種が水遣りで流れ出さないように、新聞紙を上に敷いてから水遣りをするのが良いと専門家のS氏から話を聞いたので、今回ダメだったらこの方法を採用しようかと考えていたが、この分では何とか発芽が進みそうである。
 
庭の野菜は、レモンバームが3個所から新芽が伸びてこんもりと茂りだしてきており、茗荷も元気に新しい芽が次々と地表に顔を出してきている。
大葉は庭の4個所から密集して新芽が生えてきている。
これらの野菜は我が家にすっかり定着していて、黙っていても毎年春になれば新芽が伸びてくると思っていて良いのであるが、バジルだけは種が落ちている場所を注目して見ているのだが、今年も新芽が出てくる気配が見えない。
レモンバームよりお料理では使い勝手が良い野菜なので是非とも定着してもらいたい野菜であるのだが、今年も苗を購入することになりそうである。
 
 
01ナスとキュウリの新芽08-4-2902中玉トマトとカラーピーマンの新芽08-4-2903インゲンの発芽08-4-2904ミスギとレタスの新芽08-4-2905レモンバームの新葉08-4-2906茗荷の新芽08-4-2907大葉の新芽08-4-29

渓流釣り20(世附川大又沢中流)

昨日のキッズ稚魚放流が午前中に終わる予定であったので、午後からは渓流釣りを楽しもうと支度をしていったのだが、その後も打合せや調査があり、結局夕刻の17:00になってしまい、渓流釣りは全くしないで終わってしまった。
 
昨日釣りをしないのは想定外であったので、連チャンになるが楽な近場で渓流釣りを楽しもうと、8:00に浅瀬に着いたら車が19台も駐車していた。
休暇を取って丹沢の自然と釣りを楽しんでいる人が大勢いるのだろう。
漁協の沢割りボードを見ると、期待していた本谷方面の近場は芦沢橋から水の木沢下流までと大棚沢、悪沢、土沢と埋まっていたので大又沢にしたが、ここも千鳥橋からの入渓者が出発したばかりなので、ダムから入渓することにして8:25に出発する
 
高曇りの明るい林道を歩くのは気持ちが良い。ヤマブキの黄色が林道には溢れているが、白いウツギの花も咲き始めている。
今日は歩き始めると汗が出てくる暖かい春らしい陽気である。
9:11に法行橋を通過して、9:26に大又ダムの上に入渓する。
河原に黄色い花のヤマキケマンと青い花のニシキゴロモが固まって咲いている。青い花は初めて見る山野草である。
僅かに風が吹いているが、少し増水した水量で、気温17℃、水温12℃と絶好の条件である。
支度をして、すぐ左岸に渡渉したが、水深が意外に深く、水流の勢いも強かった。
 
左岸の砂地の上から、9:52にキャストを開始する。
ダムへの流れ込みにフライを落とし、ダムの中にフライを送り込む。
フライはエルクヘアカディス#16creambodyで、2.1mの6Xリーダーに7Xのティペット60cmを付けている。
10:00までキャストを繰り返したが魚の姿は見えず、魚信も来なかった。
 
ここから上流へ向かってキャストをしながら河原を歩いて遡行を始めるが、小さな段差の少し水深がある沈み石の瀬が続いていて、流れの筋がよれているのかフライがすぐに沈んでしまって良く見えなくなる。
また着水するフライをしばしば見失う。激流ではなく浅い瀬が続く流れなのに今日は調子が悪そうである。
弱い向かい風が、間欠的に吹いたり止んだりして、フライの着水点が大幅にズレるのが影響しているのだが、少しの環境変化に対応できないのでは初心者のレベルから技術力が向上していないと認めざるを得ない。
 
フライが見えるようになるまで、しつこくキャスティングを繰り返していたら、10:30になってようやくフライを見失うことが少なくなってきた。
10:38から流れの幅が狭くなり水流が激しくなったので、再びフライが見えなくなってしまった。
10:42に中州が出来ていて流れが左右に2分されたので、右の渓流を進む。
10:46から右岩壁から上空に樹木が張り出すようになる。サイドキャストでフライを入れる。
10:50に再び中州で流れが2分される。ここも右に進む。少しでも上空に樹木があったほうがキャスティングの練習になる。
10:55に浅い瀬で初めてヤマメの魚影が見えたが、フライを流すとすぐに逃げていった。
川岸にタンポポが一杯咲き乱れていて、春という感じを実感する。
 
10:57に流れが合流すると、砂地の浅い大プールに出る。
落込み付近の水深が深そうに見えるので、5mほどラインを伸ばして遠投する。ラインは弱い風には影響されずに気持ちよく伸びてくれる。
3分ほど練習を兼ねてキャスティングを繰り返したが、魚影も魚信も無かった。
魚は最初のラインの着水で泡立ちの中に逃げ込んでしまったのかもしれない。
 
11:17から直角に曲がる右岩壁の淵。
水深がある川底には数匹の魚影が見えていて、淵尻から落込みの泡立ちに飛び込んでは、盛んに流れてくる餌を食べているのが見える。川底だけを見ているらしく、移動しながら、幅の広い流れの筋にフライを流していったが全く反応が無かった。
11:30~11:50まで昼食を摂りながら休憩する。
気温21℃、水温14℃で日差しが暑いくらいである。風は相変わらず吹いたり止んだりしている。
 
11:50に釣りを再開し、小さな段差の落ち込みを釣り上がる。
11:57に千鳥橋の下を通過する。
12:00から左岩壁の浅い瀬、12:02には水深がある淵になる。
12:05から幅の広い石だらけの早瀬になる。
北風が向かい風になって、フライが飛ばずに戻ってきてしまう。こういう時は堰堤と同じで、ラインを伸ばしてもフライが絡み合ってしまうだけなので、キャストしないで渓流の右側を歩いて進む。
 
12:15に右に直角に曲がるが、浅い沈み石の瀬が同じ感じで続いている。
12:20に山稜に遮られて急に風が無くなる。
キャストが楽になると、フライが良く見えるようになり、気持ちよく流れに沿ってフライを流せるようになるが、魚影が走らない。
12:30に小さな段差の水深があるプールのソデにフライを落としたら、ヤマメが慌てて泡立ちに逃げ込むのが見えた。
 
12:35から落込みの段差が少し大きくなって泡立ちが増え、渓流らしい雰囲気になってきた。
上空には新緑の樹木が張り出していて春らしい気分も良い。
12:39に落込みのソデでチビメが初めて食いついたがバレた。
12:50に何度か左岸の芦にフライを絡ませてからリーダーを短くする。6Xのリーダー2.1mを1.5mにカットし、ティペットを6Xで50cmにする。
仕掛けの全長が2.7mから2mに70cm短くなり、フライもポリウイングスピナー#16yellowbodyに替える。
 
13:04にキャストを再開したが、スピナーはハックルを巻いていないので浮力が小さく、泡立ちの中だけでなく、側の筋を流しても沈んでしまう。
色々な場所を流して確認してから、フライをソラックス・ダン#16yellowbodyに交換する。
13:15からキャストを再開する。視認性は段違いに良くなり、フライを見失うことがなくなる。
13:20に水深がある右岩壁の淵。
川底に見える魚影が水面のフライに合わせて一緒に走ったのでチャンス到来と思ったが、そのままいなくなってしまった。ヤマメの走り方は水面のフライに合わせていたので、浮上しなくてもフライの検査をして偽者と見破ったようだ。
 
13:42から左岩壁の長い大プール。
2回ほどキャストをしたらフライが無くなっていることに気が付いた。石や樹木に引っ掛けた違和感は無かったので、結び方が間違っていて、飛んで行ってしまったらしい。
13:50にパラダン#16yellowbodyのフライを付ける。結び目をしっかり確認する。クリンチノットでアイと巻きつけたティペットの間にできた輪にティペットの先を入れるところを外側を通過させてしまったようだ。
13:52に下流からヤマメが上ってきたが、フライの下を通過して行ってしまった。落込みの近くの水深が深い川底のヤマメも一回で逃げ出してしまった。
 
14:00から左岩壁の流れが続く。
浅い瀬と段差が小さい落込みが連続する。
14:10に中州を右に進み、14:17左岩壁の水深が浅いトロ場に魚影が一杯見えるが、サイズはかなり小型である。
フライを落込みから流すと、一斉に泡立ちの中に逃げ込んでしまった。
14:24に幅の広い沈み石の浅瀬を通り、14:40に昨日稚魚放流した見覚えのある場所に出る。
フライを流すとチビメが元気に走り回って、2回フライに飛びついた。
 
元気なヤマメを確認できたので、14:50に納竿して河原で着替え、15:05から下山を始める。
15:30に大又ダムでは、向う岸からキツツキが樹木に穴を空ける機関銃のような音が響き渡っていた。
15:41に法行橋を通過し、林道に目立って増えた紫色の小花を咲かせるムラサキケマンを鑑賞し、16:38に浅瀬に着いた。
17:34に浅瀬を出発して、19:22に帰宅した。
連休の谷間であったが、道路の混雑は無く、普段の平日よりむしろ早く帰宅できたのは驚きであった。
 
今日はヤマメとは出会えなかったが、キャスティングの練習が十分でき、新緑の渓流で一日過ごせて楽しかった。
今日の始めのキャスティングで、不調だと自覚したのだが、僅かな向かい風が吹いたり吹かなかったりと変化する中で、フライを狙った場所に落とすには、かなり厳しい練習を重ねないといけないことを実感として理解することができた。
 
 
01白いウツギの花05-4-2802新緑の大又ダム08-4-2803ヤマキケマンとニシキゴロモ08-4-2804浅い瀬に新緑が映える08-4-2805浅い瀬が続く08-4-2806ヤマメが走る大トロ場08-4-2807左岩壁の浅い瀬が続く08-4-2808新緑があふれるる中州08-4-2809ヤマメが群れる大トロ場08-4-2810ムラサキケマン08-4-28
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                           

キッズ稚魚放流

先週予定されていたキッズアングラー教室が増水のため中止になってしまったので、替わりに今週は稚魚放流を子供たちに体験してもらう催しが持たれたのでサポートとして参加した。
 
寄YGLで飼育されていた稚魚約200匹(8cm~12cm)を浅瀬に運び、大又沢の千鳥橋上流と堰堤上流の2個所で、3組の親子に稚魚放流を体験してもらった。
林道を10分ほど歩いて入渓ポイントを見付け、子供には少し急な斜面を熊笹に掴まりながら降りて渓流に入り、放流に適当な淵を探しながら渓流の中を歩き、稚魚を放流し、渓流の石を裏返しにしてヤマメが毎日食べているクロカワムシやチョロムシを見付けて手にとって見るなどの体験をしたことは、子供たちにはかなり強い印象を与えたようであった。
 
大又沢は今が一番美しい季節で、若々しい新緑で埋まった渓流の中は、気持ちが新鮮になる感じで、そこに居るだけでもとても貴重な自然体験が子供たちは出来たのではないかと思っている。
 
都会育ちの子供たちには、もっともっと大勢の子供達が来て、この美しい西丹沢の渓流に直接触れて、その素晴らしさを味わって欲しいと思っている。
 
01放流活動の説明08-4-2702バケツに小分けしたヤマメ稚魚08-4-2703稚魚放流08-4-2704石裏のムシを捕る08-4-27

雑草の除去

今日は午前中一杯掛けて南面花壇の雑草の除去を行ったが、中腰の姿勢を長く続けたので、腰に少し痛みがきてしまった。
昨日はニンジンを植え付けてある大型のプランターを移設して、腕の筋肉に張りがまだ少し残ったままなので、身体全体の筋肉が悲鳴を上げているのかもしれない。
長時間の歩行を日常的に続けているせいか、いくら歩いても筋肉痛にならないので、やはり鍛え方が足りないというべきなのだろう。
 
雑草の中では、ドクダミの根の張り方が一番強固で、まず根絶は不可能なほどしっかりと地下茎が張り巡らしてあり、取り合えず葉を広げている部分だけを除去するしかないのである。
図鑑でざっと調べただけだからあるいは間違っているかもしれないが、チチコグサ、ヒメオドリコソウ、トウダイグサ、アカカタバミ等の雑草が繁茂していたのである。
一番困るのがアカカタバミで、タマスダレと絡み合っているので、無理に引っ張るとタマスダレの葉も一緒に除去されてしまうので、丹念に根を探り、根元から引き抜くしかないのである。
 
今庭にはモッコウバラが5分咲きで黄色の壁ができており、スズラン、シラン、ツツジが咲き始めたところで、後1週間ほどすると満開になる時期である。
クレマチス、ハーブゼラニウム、カランコエの鉢花も花が咲きそろいだしてきているので、しばらくは春の花を堪能できるのである。
 
 
01モッコウバラ08-4-2602クレマチス08-4-2603スズラン08-4-2604シラン08-4-2605ツツジ08-4-2606カランコエ08-4-2607ハービゼラニウム08-4-26
 
 

イチゴプランターの移設

昨日野菜の種蒔きを追加したときに気が付いたのだが、イチゴの実が一杯実っているのに全部緑色のままなのである。
冬の間は一番日当たりが良い場所であったのに、春になって梅の木に葉が茂りだし、アジサイの葉も茂りだすと、一日中日当たりが無い場所に変化してしまっていたのである。
ランナーを一杯伸ばして子苗の葉が茂っているので、苗床を作る必要もあって、ニンジンと大幅なプランターの移設を一日かけておこなった。
 
イチゴのプランターの両側には子苗を育てるための空きプランターが必要なので、移動するだけではスペースが不足してしまう。
結局南側に面したポーチの花鉢も含めて総入れ替えになってしまった。
収穫間近のニンジンがかなり冷遇される感じになってしまったが、一杯実のっているイチゴの緑色の実を見てしまうと、何とか赤いイチゴの実を食べたいという誘惑が強くなってしまったのは否めない。
 
子苗は空きプランターに針金で押し付けて発根させるようにしたが、しっかりした子苗だけで18株あったので、親株のほぼ半分の子供がすでに出来ていることになる。
これから生えてくる子苗もあるので、イチゴの株数はかなり増えてしまいそうである。
 
01青いイチゴの実08-4-2502移設したイチゴプランター08-4-2503移設したイチゴプランター08-4-25

野菜の種蒔き追加

4月6日に種蒔きをしてから18日経過したが、15種類48ポットに種蒔きしたもので発芽して来ているのは、5種類16ポットに過ぎず、1/3という不成績である。
発芽温度が不足していたり、雨で流された種もあるかもしれないが、4月まで待って種蒔きしたとは思えない不成績にガックリきている。
 
今日は同じポットに追加の種を蒔いた。
1.キュウリと中玉トマトはほぼ満足の発芽をしているので、追加の種は蒔かなかった。
2.ゴーヤは種から全く根が出ていないので、2006年に収穫した種を6粒追加して蒔いた。
 前回使った種は、2007年に収穫したものなので、あるいはと思って実績のある種を蒔いたのである。
 植え方も浅くしておいた。
3.ナスは全く発芽していなかったので、5粒×4ポットに追加の種を蒔いた。
4.カラーピーマンは3ポットとも発芽しているが、発芽した数が少ないので8粒追加して種蒔きをした。
5.ピーマン、小型ピーマン、シシトウは全く発芽していなかったので、各5粒×3ポットに追加の種を蒔いた。
6.インゲンもまったく発芽していないので、各2粒×3ポットに追加の種を蒔いた。
 大きな種であるので、前回は深く埋めておいたが、今回は浅く植えておいた。
7.ミスギは3ポットに元気な双葉が出ていたが、8粒を追加して種蒔きし、チンゲンサイが期限をかなり過ぎた古い種なので諦めて、このポットにも5粒×3ポットに追加の種蒔きを行った。
8.つるむらさきは全く発芽していないので、2粒×3ポットに追加の種を蒔いた。大きな種なので前回は深く植えすぎたかもしれないので、浅く植えておいた。
9.レタスは4ポット全てに発芽が見られたが、11粒を追加して種蒔きし、細ネギが期限をかなり過ぎた古い種なので諦めて、このポットにも5粒×3ポットに追加の種蒔きを行った。
10.水菜は全てのポットで発芽していないので、5粒×4ポットに追加の種蒔きを行った。
 
この追加の種蒔きが失敗すると夏の生育に間に合わなくなるので、苗を購入しなければならなくなるので、頑張って発芽して欲しいと願っている。
 
ニンジン、ミニニンジンの葉は素晴らしく大きく生育しているのだが、根はそれほど太くなっていないので、もうしばらく経過を見守ろうと思っている。
イチゴの葉も大きく生育して、ランナーを一杯伸ばしてきているので、そろそろ子株の生育のためのプランターを間に挿入しなければならないタイミングが近づいてきている。
ニンジン、ミニニンジンの間引きをしてプランターを作り出す予定なので、もうしばらく様子を見ていよう。
パセリは元気にモクモクと入道雲のように盛り上がってきている。しばらく様子を見てから収穫しよう。
 
 
01キュウリ・ミニトマトの発芽08-4-2402ミスギ・レタスの発芽08-4-2403ミニニンジン08-4-2404ミニニンジン08-4-2405ニンジン08-4-2406イチゴ08-4-2407パセリ08-4-24

前へ 過去の投稿