柏葉アジサイを頂戴する

自宅近くの病院に通っている内に、垣根越しに妻と知り合いになったKさんが、挿木をして育てた柏葉アジサイの花鉢をプレゼントしてくれた。

昨年大きな庭のあるお宅を訪問して、柏葉アジサイの枝を5枝ほど切り分けて頂いたのだが、私の技術が未熟なため定着に失敗して全枝枯らしてしまったのである。

写真01はKさんから頂いた柏葉アジサイである。葉の形が普通のアジサイとは異なる柏の葉の形で、花の咲き方も円筒状に咲くのでかなりユニークである。

秋になったら、ツゲの樹の下に地植えにして、しっかり生育させようと考えている。

01柏葉アジサイ13-6-14 01柏葉アジサイ

写真02は手鞠アジサイの色合いが、梅雨の雨で紫色に深まってきた所である。まだまだピンクの色合いが残っているが、次第に青色から紫色に変わって行くのである。

02手鞠アジサイ13-6-14 02手鞠アジサイの色合いが深まる

写真03は真実の樹から発芽してきたところである。マダガスカル原産のドラセナ・コンシンネマジナータという観葉樹なのだが、購入時には小鉢に植えられた背丈が30cm程度の可愛らしい樹木だったのだが、元気よく生育して2mを越える背丈の大木に成長してしまい、取扱いに困って昨年バッサリと切断したのである。

何も無いのっぺりした幹の部分から、いきなり新芽が伸び出して来たのに驚いたが、動物よりも植物の方が生命の維持力がはるかに高いことを改めて認識したのである。

03真実の樹に新芽13-6-14 03真実の樹から発芽

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。