インゲン豆の初収獲

今夏は台風の襲来が無く、順調な夏野菜の収穫が続いていたので、家庭菜園#9畑で栽培していたグリーンカーテン用のインゲンを、例年は鞘インゲンで収獲し、ショウガ醤油で食べるのを当初の数回だけで諦め、今年初めて鞘が枯れるまで中身のインゲン豆を成熟させて、豆として収獲したのである。

写真01は収獲前の鞘が枯れたインゲンである。葉が余り枯れていないのに、鞘はある程度成熟が進むと枯れ出すが、中身の豆が鞘が十分に枯れても落種しないので助かった。落種するようなら、とても収獲出来ないので、諦めるしかないのである。

01収獲前のインゲン13-8-23 01収獲前のインゲン

写真02は収獲した枯れたインゲンの鞘である。インゲン豆の収獲は初めてなので、カリカリに枯れた鞘、枯れ始めたばかりで水分が少し残っている鞘等を、参考のために色々選んで収獲してみた。

02収獲した枯れたインゲン鞘13-8-23 02収獲した枯れたインゲン鞘

写真03は鞘から取り出したインゲン豆の収穫である。豆の色が白いのは生分が強い鞘の豆で、黒っぽい色の豆は、鞘が十分に枯れ、乾き切った鞘の中から取り出したインゲン豆である。全体で350gの質量であったが、市販のインゲン豆と較べると、大きさが余りにも小さいのに驚いているのである。

03インゲン豆の収獲13-8-23 03インゲン豆の収獲

市販のインゲン豆は、これまで冷凍したものしか使ったことが無く、水に一昼夜漬け解凍してから料理していたので、このまま水に漬け膨らみ具合を確かめて見ようと思っている。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。