用田農園北の土起こし

今日は用田農園北の、東側お隣の苗木畑との境界付近に残っていた雑草を整理し、新しい区画がスッキリした所で、紐を張って区画を決め、土起こしを行った。

写真01は東側お隣との境界付近に残っていた雑草を整理した所である。表面はスッキリしたが、地盤が高く盛り上がっているので、前の借地人が何かを埋めているようで心配である。

秋の作付が全て終わってから、ゆっくり掘り返して見ることにしよう。

01雑草の整理13-8-29 01東側お隣付近の雑草整理

写真02は西側お隣との境界付近から、紐を張って区画を確定し、土起こしを行った所である。南北に9.2mの長さの畝を、畝間1.5mで3畝作った。ダイコン、ハクサイ、キャベツを各畝に植付けようと考えている。

一般的にスキで土返しをして耕す程度で良いのだが、タクアン用の練馬ダイコン用地だけは、シャベルで40cmほどの深さまで、畑土をしっかり掘り上げて置いた。青首ダイコンは上に伸びて行くが、練馬ダイコンは地中へと伸びて行くのである。

明日強風が吹かなければ、有機石灰と完熟鶏糞堆肥をスキ込み、レーキで均してから、黒マルチを張って見ようと思っている。

02土起こし13-8-29 02西側区画の確定と土起こし

写真03は野菜の収獲である。内訳は、ナス28ケ(累計730ケ)、オクラ6ケ(累計464ケ)、ズッキーニ1ケ(累計110ケ)、地這いキュウリ9ケ(累計25ケ)である。

03野菜の収獲13-8-29 03野菜の収獲

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。