果実の生育

我が家の果実達は、9月16日の台風18号の暴風を乗り越えて、落果も少なく生育を続けている。

写真01は、今年13ケの美味しい実の収獲を終えたイチジクの樹に、新しく小さな実が9ケ結実していたものである。この時期に新しく結実するのは驚きだが、これからは気温が急激に低下して行くので、食べられるまで生育するのは無理だろうと思っている。

01イチジクの新しい幼実13-9-22 01イチジクの新しい結実

写真02は筆柿の実の生育である。久しぶりに結実した筆柿の実であるが、落果が少なくほどんど目減りせずに次第に大きく生育している。

食べるのは今年が初めてになるので、今からとても楽しみである。

02筆柿の実の生育13-9-22 02筆柿の実の生育

写真03は禅寺丸の実の生育である。今年は例年以上に多数結実し、大豊作の鈴生りであったのだが、8月の高温と干ばつで、これまで見たことも無い大量の落果になってしまったので、現在の着果は平年並みの感じがしている。

これからも落果が続きそうなので、10月に入ったら早目に収獲してしまおうと考えている。

03禅寺丸の実の生育13-9-22 03禅寺丸の実の生育

写真04はヒメユズの実の生育である。工事のため度を越した強剪定をしたので、今年は結実が皆無と覚悟していたが、どっこい30ケ程度のユズが生育していたのである。

04ヒメユズの実の生育13-9-22 04ヒメユズの実の生育

写真05はキンカンの実の生育である。最近は樹木が大きく生育して、安定して大量の実が収獲出来るようになって来たので、加工をこらし保存食として便利に使っている。

05キンカンの実の生育13-9-22 05キンカンの実の生育

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。