冬野菜の植付け準備

冬の葉物野菜は、コンテナで苗を生育させて準備が整っているが、昨日までにサツマイモを収獲して整理し、空き地の準備ができたので、今日は植付け予定地の雑草の除去と、土起こしを行った。

午後になって台風23号の影響による強風が吹き始めたので、有機石灰と完熟鶏糞堆肥の散布は明後日に延期した。

作付予定地で障害となるのは、モロヘイヤ西側の長ネギと種採り用のモロヘイヤ1株である。

写真01はモロヘイヤ西側の長ネギをズッキーニの収獲跡地に移植したところである。種採り用のモロヘイヤは来年は久しぶりに種を購入してリセットすることにし撤去した。

自家採種を繰り返していると、次第に色形や食味が変質してしまうものなので、5年毎には正規のメーカー製の購入種でリセットする必要があると思っている。購入苗で栽培した今年のアバシゴーヤは、緑色が濃く、とても苦辛くて久しぶりにゴーヤらしい本来の味を堪能したのである。

01長ネギの移植13-10-4 01長ネギの移植

写真02はラッキョウとニンニクの生育である。ラッキョウは66株(植付けは80粒)、ニンニクは42株(植付けは48粒)から発芽して来ているので、順調な発芽ぶりである。

02ラッキョウ・ニンニクの発芽13-10-4 02ラッキョウ・ニンニクの発芽

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。