葉物野菜の追加植付け

冬の葉物野菜が根切り虫に喰われて少し寂しくなっていたので、写真01の追加の植付けを行った。

例年通り、葉物野菜の収獲は根を残して行うので、次第に大株になり、食べ切れ無いほどの収獲量になってしまうので、寂しい位のままで問題ないのだが、コンテナに種蒔きした苗が余っていたので、補植してしまったのである。

01小松菜・水菜の補植13-10-19 01葉物野菜の追加植付け

写真02は昨日39株もの大量の追加の植付けを行ったブロッコリーの苗が、僅か1晩で1株だが再び喰い切られてしまったので、苗の周囲に濃密にオルトラン粒剤を散布した所である。

02ブロッコリーにオルトラン濃密散布13-10-19 02ブロッコリーにオルトラン散布

お隣のベテランM氏が私のオルトラン粒剤で真っ白になった畑を見て、使用方法の間違いを親切に教えてくれた。根切り虫は土の中に住んでいるので、収獲を終えて次の耕作に備えて土起こしをし、石灰や堆肥をスキ込む時に一緒にオルトラン粒剤を散布して畑土の中にスキ込むのが使用量が少なく効果が高いようだ。

苗を植え付けるまでの2週間ほどの空き時間で、オルトランを嫌って根切り虫たちは外の区画に移動してしまうので、植付けた苗の食害はほとんど無いようだ。11月末に行うタマネギの植付けから早速この方法で畑作りを行うようにしよう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。