カブ・ハツカダイコンの間引き

カブ・ハツカダイコンは10月8日にスジ蒔きしてから間引いていないので、密集、重複している所を間引いた。

下の左写真は間引き前、右写真は間引き後である。上側の3条の畝がカブ、下側の3条の畝がハツカダイコンである。

カブは種が小さいので、均一にうまく種蒔き出来ず、ガバッ、ガバッと大量に種が落ちてしまった所に、発芽した新芽が大繁茂しているので、間引くとスカスカになってしまった。

一方ハツカダイコンは種が大きいので、線状に均一にうまく種蒔き出来たので、ガバッと大量に種が落ちてしまった所が無く、間引いても大幅に姿形が変わらない状態である。

間引き菜はお浸しで美味しく食べたのである。

01間引き前のカブ・ハツカダイコン13-10-30 02間引き後のカブ・ハツカダイコン13-10-30

写真03はラッキョウの花である。小さな花だが私は気に入っているのである。

03ラッキョウの花13-10-30 03ラッキョウの花

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。