芽キャベツの移植

台風27号の通過後、ベタ掛けにした防虫シートをトンネル支柱に戻すときに、芽キャベツが高くなり過ぎていたので、写真01のように防虫シートのカバーを外したのである。

黒マルチの植付け穴の株間は45cm、条間は50cmと白菜やキャベツと同じ間隔で10株植付けてあるのだが、枝葉が良く生育したためか、密植状態になり、日当たりや風通しがかなり悪くなっていたので、移植により隙間を大きく空けることにしたのである。

01移植前の芽キャベツ13-10-31 01移植前の芽キャベツ畝

写真02は小松菜、白菜の予備苗を植付けた畝の東側に、新しい芽キャベツの東畝を作り、株間90cmで5株を移植したところである。植付け畝は、シャベルで深くまで掘り起こしてから有機石灰、完熟鶏糞チップ堆肥、化成肥料を散布し、スキで丁寧に掻き混ぜてからレーキで均してある。

02移植後の芽キャベツ東畝13-10-31 02移植後の芽キャベツ東畝

写真03はキャベツの予備苗を植付けた畝の東側に、新しい芽キャベツの南畝を作り、株間60cmで4株を移植した所である。タマネギ苗の北側に植えてあった芽キャベツの予備苗もこの南畝に移植した。植付け畝は、東畝と同様に、シャベルで深くまで掘り起こしてから有機石灰、完熟鶏糞チップ堆肥、化成肥料を散布し、スキで丁寧に掻き混ぜてからレーキで均してある。

03移植後の芽キャベツ南畝13-10-31 03移植後の芽キャベツ南畝

写真04は芽キャベツを移植後の元の黒マルチの芽キャベツ畝である。移植前には10株が植えられていたが、移植後には2株だけしか残っていない。

04移植後の元の芽キャベツ畝13-10-31 04移植後の元の芽キャベツ畝

移植により各芽キャベツ株の風通しと、日当たりが格段によくなったので、一段と大きく生育が期待できそうである。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。