アスパラガスの枯れ枝葉整理

アスパラガスの枝葉が完全に枯れてしまったので、根元から切り取り焼却炉で燃やした。バシバシとすごい音を立てて勢い良く燃えてくれた。

写真01は整理前の茎葉が完全に枯れたアスパラガスである。来春には根元からアスパラガスがニョキニョキ生えて来ることを願っている。

01整理前の枯れたアスパラガス13-12-3 01整理前の茎葉が枯れたアスパラガス

写真02は北側の株に3ケほど付いているのが分かったアスパラガスの赤い実である。実が成ると言うのはこの株が雌株であるという証拠で、中央、南側の2株が雄株ということになる。

雄と雌は染色体が1ケしか違わないので、普通には雄雌株が半分づつになるのだが、アスパラガスの場合は、小さくて量が多い雄株が好まれていて、人為的に超男性と言う染色体が2ケ多い株と掛け合わせて、全ての株を雄株にしてしまって栽培しているようである。

雌株は大きくて量が少ないので、スーパー等には出回らないので、来春には貴重なアスパラガスを食べられそうである。

02北側株に赤い実が13-12-3 02北側株に赤い実が付いて雌と分かる

写真03は整理後のアスパラガスである。土の中は温かいので、来春まで十分に休んでから元気な新芽をたくさん芽吹かせて欲しいものである。

03整理後のアスパラガス13-12-3 03整理後のアスパラガス

写真04は干していた沢庵大根が、洗っていなかったので、茶色く薄汚れており、ご近所の皆さんから繰り返し批判を浴びたので、今日ポリタンクにフレッシュな水道水を20ℓ詰めて畑に運んで来て丁寧に洗い、干し直した所である。真っ白い美肌の大根になっている。

私としては、雨水を溜めた500ℓのタンクに満タンの水があるが、消毒していないので細菌に汚染されているのは間違いなく、この雨水で泥を落とすとO157に感染する恐れがあるので、敢えて洗い落さずに泥を付けたまま干し、糠に漬ける前に水道で泥を洗い落とせば良いだろうと考えていたのである。

04洗浄し白い美肌の干し大根13-12-3 04洗浄し白い美肌の干し大根

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。