種ショウガの芽出し

発芽していない種ショウガを、土の中に植え込んでしまうと、発芽率が大幅に低下してしまうものらしい。ショウガは土が嫌いだという。

そこで芽出しするためザルに入れて、日光に当てて温めていたのだが、これはまるで方向違いであったようで、今日ベテランのH氏から正しい芽出しの仕方を教えてもらった。

写真01は切り分けた種ショウガを密にして土の上に並べた所である。

01種ショウガを土の上に並べる14-4-22 01種ショウガを土の上に密に並べる

写真02はその上に敷き藁をする。土が直接種ショウガに触れないようにするためである。

02敷きワラをする14-4-22 02敷き藁する

写真03はその上から土を被せる。

03土を被せる14-4-22 03土を被せる

8℃を下回らない温かく、暗く、湿った所で、畑土に触れない状態に保管して置けば、発芽してくるようだ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。