インゲンの生育

写真01のように、東側にグリーンカーテンとして種蒔きしたインゲンに白花が咲き始め、結実がまじかに迫って来た。今年も高い所の実は、サヤインゲンでは収獲せずに、インゲン豆として秋になってから収獲する予定である。

01インゲンの生育14-6-26 01インゲンの生育

写真02はゴーヤの生育である。蔓葉の生育は極めて順調で、雄花が多数咲いてから、ようやく雌花が1輪咲き、小さな実が結実し始めたところである。

連作障害を防ぐため、このところ自家採種を止めて、高価な接ぎ木苗を購入して植付けているので、生育には何の心配もしていないのである。

02ゴーヤの生育14-6-26 02ゴーヤの生育

写真03は赤シソの生育である。梅干しの漬け込みから大幅に遅くなっても、赤シソを追加して漬け込み出来ることが分かったので、秋まで生育させて収獲する予定である。

自宅の赤シソだけでは収獲量が不足する場合は、丹沢の山中には、かっての炭焼き小屋等の住宅跡地に、赤シソが群生しているのが分かっているので、秋になったら渓流釣りをしながら赤シソの葉を少しだけ収獲してこようと思っている。

03赤シソの生育14-6-26 03赤シソの生育

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。