小玉スイカ畑の雑草整理が進む

FIFAワールドカップ2014ブラジル大会が決勝リーグに進んで俄然盛り上がってきている。午前1:00からと午前5:00から2試合のLIVE中継なのだが、生活の都合で午前1:00の試合はビデオ観戦とし、午前5:00の試合をLIVE中継でTV観戦し続けているのである。

これまでコロンビア:ウルグアイ、コスタリカ:ギリシャ、ドイツ:アルジェリアの3試合ともに、息を飲むような、凄まじい試合の映像迫力に圧倒され、全身に力が入ってしまい、TVを観ているだけなのに疲れ果ててしまったのである。

夕方の4:00から再放送された、ブラジル:チリ、オランダ:メキシコ、フランス:ナイジェリア戦は結果が分かってTV観戦しているので、緊迫力は感じ無いのだが、技術能力の圧倒的な高さに感嘆しているのである。サッカーを楽しむなら、ワールドカップの試合は全部観て、十分に吟味し尽くさなければならないと感じているのである。

小玉スイカ畑の雑草整理が進んでいる。一日で1/3ほどしか整理出来ないのだが、なんとか明日には終えられそうである。

写真01は雑草整理が進んだ小玉スイカ畑である。昨日と、今日の2日間で全体面積の約2/3の雑草を整理したので、明日には終わりそうである。

01雑草整理が進む小玉スイカ畑14-7-1 01雑草整理が進む小玉スイカ畑

写真02は雑草が繁茂している、未整理の小玉スイカ畑である。雑草が繁茂していると、日が差し込まず、結実の確認が出来ず、結実の生育が遅くなるという悪いことだらけなのである。

02雑草が繁茂する小玉スイカ畑14-7-1 02雑草が繁茂する残りの小玉スイカ畑

写真03は野菜の収獲である。ナス25ケ、1.8Kg(累計62ケ)、中玉トマト15ケ(累計35ケ)、ミニトマト7ケ(累計22ケ)、ピーマン5ケ(累計18ケ)、パブリカ1ケ(初)である。

一番大きなナスが野生動物に半分ほど食べられていた。噛み跡から判断すると、野ネズミよりもかなり大きな、ハクビシン、イタチ、アライグマ等の小動物が犯人のようである。既にキュウリや中玉トマトも食べられており、今年はかなりの食害を覚悟しなければならなくなりそうである。

03野菜の収獲14-7-1 03野菜の収獲

写真04は野菜の収獲である。キュウリ18ケ、3.0Kg(累計159ケ)、ズッキーニ3ケ、650g×2ケ、300g×1ケ(累計47ケ)である。

これほど大きく生育したズッキーニの実は初めての経験であり、驚いている。ズッキーニはキュウリとは違い、開花から花が萎んでしまう数日の間だけしか生育しないので、収獲忘れ放置しておいても、大きくなると言う訳ではないのである。

04野菜の収獲14-7-1 04野菜の収獲

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。