小玉スイカ・カボチャの初収獲

雨の日が続いているため、正常な成熟状態が良く分からなくなってきたので、開花日よりの日数だけを頼りにして、小玉スイカとカボチャを試し収獲した。

写真の上段にあるカボチャは、5月末に受粉して約40日経過したもので、左側から#1 1.35Kg、#2 0.85Kg、#3 1.10Kg、#4 1.5Kgである。全ての果実の表面の色艶が、十分に色褪せガサガサになってきており、蔓茎が萎れてきているので、収獲には十分な時期を経過してきていると判断したのである。

01カボチャ・小玉スイカ初収獲14-7-8

写真の下段にある小玉スイカは、5月末に受粉して約40日経過しており、標準の30日より10日ほど過ぎて遅くなって居るのだが、例年一番果は、10日ほど遅くなるので、これが正常な時期だと思っているのである。

左側から#1 1.75Kg、#2 2.15Kg、#3 1.8Kgである。#1は蔓が枯れており、通常なら遅過ぎる状態で、#2と#3はヒゲ蔓が枯れている収獲適正時期である。

カボチャ、小玉スイカともに、株の元気が良く、生育状態が極めて順調で、次々と結実が続きそうなのだが、天気予報によれば、台風8号が週末には関東地方を通過する予定なので、今年の収穫がそこで止まってしまうかもしれない。

とうもろこしもひげ根が完全に茶色に変色しているものだけ、11本収獲したが、アリが大勢群がっていた。甘い香りが昆虫たちを誘っているのだろう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。