南農地をシャベル、鋤で耕す

昨日耕運機を使って耕した、用田農園の大根、白菜、キャベツ用地であるが、耕深深さを測定して見ると、約10cmしかないので、深く根を張る大根には不足と思い、大根用地はシャベルで約30cm、白菜、キャベツ用地は鋤で15cmの深さに追加の土返しをおこなった。

その上に有機石灰を散布してから、レーキで混ぜ合わせ、均したのが写真01である。

01大根・白菜・キャベツ用地を土起こし14-9-14 01大根・白菜・キャベツ用地の土起こし

これだけの深さまで、シャベルや鋤が入っていれば、安心である。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。