ジャガイモの芽掻き(2回目)

今日は台風一過とならず、朝から小雨が終日降り続く天気となった。

畑に行け無いので、ジャガイモの2回目の芽掻き作業を終日かけて行った。例年2週間間隔で3回芽掻きを行うと、来春まで芽出しがおとなしくなるので、残りは11月初旬に予定する3回目だけである。

6月始めに収獲して、屋内の野菜室に保存してあるジャガイモについては、風通しを良くし、寒冷紗で日当たりを避けて、いわゆる冷暗所の環境にしてあるのだが、気温や日照時間の変化に感応して、毎年9月に入ると写真01のように盛大に芽を出して来るのである。

今年も1回目の芽掻きを10月1日に行っていたのだが、今日2回目の芽掻きを行ったのである。

01芽が出た保存ジャガイモ14-10-15 01芽が出た保存ジャガイモ

約2週間後の11月初旬になると、再び芽出しの分量が同程度にまでなるので、3回目の芽掻きが必要になって来るのである。

繰り返し発芽してくる新芽の逞しさを見ていると、ジャガイモの中に秘められた生命伝承エネルギーの凄さに、圧倒されてしまうのである。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。