ショウガ・ヤマトイモ初収獲

連作障害が激しく不作のショウガを収獲し、ヤマトイモとその苗を初収獲した。

写真01は収獲前のショウガである。種ショウガを2Kg購入し、24ケに分割して植付けたのだが、前耕作者がミョウガを植付けていたらしく、次々に芽吹くミョウガに囲まれて、同じショウガ科での連作障害が激しくなり、生き残った株は僅かに6株で、18株は溶けて消失してしまったのである。

01収獲前のショウガ14-11-16 01収獲前のショウガ

写真02は収獲したショウガとカブである。

ショウガは新ショウガが1Kg、ひねショウガが100gで、これまで3年間平均の種ショウガ比の2.5倍増と較べて、0.5倍に減と言う悲惨な結果に終ったのである。ショウガの連作障害が激しいと園芸本に書かれていたが、厳しい現実をしっかり現認することが出来たのは、これからの良い経験になったと思っている。

カブは約1/3の収獲で、1.9Kgの収獲であった。

02カブ・ショウガの収獲14-11-16 02収獲したカブ・ショウガ

写真03は収獲前のヤマトイモである。今年はお隣のベテランH氏より種苗イモを4ケ頂いて植付けたのであるが、3mを超す素晴らしく高い竹に蔓を巻き付けていたH氏と較べ、高さ1.5mの支柱に細々と巻き付けた貧弱な蔓の私のヤマトイモの生育は、あまり期待できないと思っていたのである。

03収獲前のヤマトイモ14-11-16 03収獲前のヤマトイモ畑

写真04は収獲前のヤマトイモ苗畑である。来年の種苗ヤマトイモを作るために、ムカゴを植付けたものである。

04収獲前のヤマトイモ苗14-11-16 04収獲前のヤマトイモ苗畑

写真05は掘り上げて初収獲したヤマトイモと、来年に植付けるヤマトイモの種苗である。

上の2ケは収獲したヤマトイモ1株で、深さが40cmを超すほど深いとは考えずに、シャベルで気軽に掘り起こしてしまい、堀上げに失敗して、3分割に切断してしまったものである。

下の2ケは収獲したヤマトイモの種苗イモ2株で、ムカゴの大きさと較べると、生育倍率が極めて高いので、来春の植付けまで待たずに、取り合えず食べてみようと考えている。

美味しければ、種苗イモには10ケ程度を残して、残りの20ケは食べてしまおうと考えている。

05初収獲したヤマトイモと苗14-11-16 05初収獲したヤマトイモと苗

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。