たくあん大根の収獲とはさ掛け

たくあん大根を26本掘り上げて収獲し、水洗い後にはさ掛けした。

今年は作付用地をシャベルで30cm以上掘り上げ、ミニ耕運機で十分に耕運してふかふかの用土にしてから種蒔きしたので、根が十分深くまで伸びることが出来たようだ。

写真01は収獲前のたくあん大根である。

たくあん大根は細長くて、根の長さが約60cmもあり、先端の細い根までは80cmも伸びていたので、掘り上げるのが大変であった。最初にシャベルを30cm程の深さまで打ち込み、土を揺さぶってから無理に引き抜こうとして、約40cmの所で折ってしまったので、以後は慎重になり、シャベルの刃の長さよりも深い40cmほどの深さまで打ち込み、土を揺さぶってから、手で静かに引き抜こうとして、抵抗が強い時には、90度の位置から2回目のシャベルの刃を深さ40cm程に打ち込み、土を揺さぶると、静かに抜くことが出来たのである。

残りの25本は折ること無く無事に引き抜くことができた。

01収獲前のたくあん大根14-11-30 01収獲前のたくあん大根

掘りげたたくあん大根を水洗いして丁寧に土を落とすと、真っ白な輝くような美肌が現れてきたのである。葉の部分を2本分合わせて紐で縛り、写真02のように、単管の干し棒にはさ掛けしたのである。

美味しいたくあんを漬けるには、約1週間の天日干しが適当らしいので、来週の日曜日に取り込み、漬け込む予定である。

02水洗い後はさ掛けした大根14-11-30 02水洗い後はさ掛けしたたくあん大根

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。