はやぶさ2打ち上げ成功

今日は北西の強風が余りにも厳しく、ポリタンクに入れて持ち込んだ清浄の水道水とスポンジで、はさ掛けして天日干ししているたくあん大根を、1本づつきれいに洗い清めただけで野良作業は終ってしまった。

通常より約1時間ほど早く帰宅し、花鉢や野菜のコンテナに水遣りしてから、昼食を食べながらTVのワイドショーを観ていると、はやぶさ2の特集を始めたので、見入ってしまったのである。

午後の1時過ぎに行われた打ち上げは、無事に成功したようだが、6年の歳月を掛け、54億Kmもの長い宇宙を旅して、地球の起源を探る資料を無事に持ち帰って欲しいものだと期待している。

写真01、02はJAXAのホームページから引用した、はやぶさ2の機構である。

01はやぶさ2表側機構14-12-3 01はやぶさ2の表面側機構

02はやぶさ2裏側機構14-12-3 02はやぶさ2の裏面側機構

約1m四方のほどの小さな機体が、6年間も宇宙を旅して、小天体を掘削して資料を集めて、帰還してくるなんて夢のような話である。万有引力をフルに活用するため、1秒単位の精密な計算により、最小限のエネルギーで航行してくるようである。

莫大なエネルギーを使って力任せに仕事をするのでは無く、極く僅かなエネルギーだけで、ひょいひょいと有効な仕事をしてくるのが、いかにも日本的な感じがして感心しているのである。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。