芽キャベツ・長ネギの初収獲

連日厳しい冷え込みが続いており、用田農園では氷と霜柱に凍結されているため、9:30頃を過ぎるまで何も作業ができない状況が2週間ほど続いている。これまで当地では経験したことが無い厳しい寒波が、鋭い牙を剥いて襲いかかってきているが、何とか耐え切るため、マルチングシートを拡充するなどの作業をして対応しているのである。

写真01は収獲前の芽キャベツである。小さく固く巻いた玉が開いてしまうと食べられなくなってしまうので、これからは常時監視をして適正なタイミングで収獲し続けなければならないと思っている。

01収獲前の芽キャベツ14-12-26 01収獲前の芽キャベツ

写真02は野菜の収穫である。白菜2ケ(累計20ケ)、キャベツ1ケ(累計15ケ)、紫キャベツ1ケ(累計3ケ)、ブロッコリー2ケ(累計20ケ)、芽キャベツ50ケ(初収獲)である。

芽キャベは3株から初収獲したが、例年通りなら来年の3月まで収獲を続けることが出来そうである。

02野菜の収獲14-12-26 02野菜の収獲

写真03は青首ダイコン2ケ(累計26ケ)、とチンゲン菜10ケ(累計74ケ)の収獲である。チンゲン菜は煮込んでもクタッとならずにシャキッとした食感が好ましいので、水菜と同様に、少量年中栽培に切り替えようと思っている。

03野菜の収獲14-12-26 03野菜の収獲

写真04は八頭1株収獲である。右上の八頭本体の塊(大きな芋は7ケ)とともに、周囲に小さな子イモが多数派生しており、全体では1.97Kgという大きな株に生育していたのである。

04八頭の収獲14-12-26 04八頭の収獲

写真05は里芋土垂れ3株の収獲である。上側の親芋3ケ1Kgを除くと、子芋は2.82Kgであり、種芋1株に子芋が約1Kgというのは連作障害を抱えた中では、納得ができる収穫量であると思っている。来年は連作障害の懸念が無い場所で、豊作を期待しようと思っている。

05サトイモ土垂の収獲14-12-26 05里芋土垂れの収獲

写真06は収獲前の長ネギである。施肥も何も手入れをしなかったので荒れ果てている状況だが、土寄せをしなかったために、白い部分が伸長せずに、食べられる範囲が少ない、悔やまれる状況になってしまっていたのである。

06収獲前の長ネギ14-12-26 06収獲前の長ネギ

写真07は初収獲した長ネギ5ケ(初収獲)である。土寄せをしなかったために、ネギの白い部分が生育せずに、短躯体の長ネギになってしまったのである。

07長ネギの収獲14-12-26 07収獲した長ネギ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。