ジャガイモ用地の雑草整理と土起こし

厳寒が続いているが、来週末以降に寒さが緩んできたらジャガイモを植付けようと考えているので、作付予定地の雑草を整理し、鋤で軽く土起こしを行った。来週始めにシャベルで再度土起こしをし、最後にミニ耕運機で2回ほど土起こしをしてから植付けになる。

写真01は霜柱で浮き上ってしまったタマネギの苗を押さえ込んだタマネギ畑である。氷点下の最低気温が連続しているので、霜柱が5cmほどの高さに盛り上がり、根張りの弱い苗が浮いてしまっていたのである。麦踏みと同じように、しっかり押さえ付けておかないと枯れてしまうのである。

01霜で浮いた苗を押さえたタマネギ15-2-10 01浮いた苗を押さえたタマネギ

写真02は長さ8m×幅3.8mのジャガイモ作付用地の雑草を整理し、鋤で土起こしをしたところである。

しっかり土起こしをしておかないと、ジャガイモが元気に生育できなくなってしまうのである。

02雑草整理・土起こしたジャガイモ用地15-2-10 02土起こししたジャガイモ用地

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。