長ネギ苗床のマルチを二重化

長ネギの苗床の不織布のマルチングが、これからの季節の変わり目に吹き荒れる南風の暴風に、耐え切れそうもない弱々しい感じなので、強度が強い防虫ネットでしっかりと押さえ込んだ。これで暴風が吹きまくってもマルチが吹き飛ばされることはないだろう。

写真01は不織布のマルチの上に、防虫ネットで二重にマルチングして、レンガでしっかり押さえ込んだところである。

雨が降らない乾燥した気候が続いているので、発芽までの10日間は、種を乾燥させないためにも、マルチングが吹き飛ばされないよう、しっかり防護してくれることが必要なのである。

01長ネギ苗床のマルチを2重化15-3-26 01長ネギのマルチを二重化

写真02は整理時期が近付いた、セロリ、ワケギ、小松菜、水菜、ホウレンソウである。防虫ネットのマルチを外し、雑草を整理したが、ワケギは自宅の家庭菜園に移植し、セロリはしばらく回復再生を目指すが、小松菜、水菜、ホウレンソウの3種類の野菜については、余りにも大きく生育し過ぎているので困っているのである。

明日にでも30本×3束づつ収獲して自宅に持ち帰り、妻の意見を聞いてから処分を決めたいと思っている。

02セロリ・水菜のマルチを外す15-3-26 02セロリ・水菜のマルチを外す

写真03はニンジンのマルチを外し、雑草を整理したところである。葉が冬枯れから新緑に替わって、一見元気そうにみえるが、根っ子の部分が急速に生育することは望めないので、近日中に収獲し整理するしかないだろうと思っている。

03ニンジンのマルチを外し雑草整理15-3-26 03ニンジンのマルチを外し雑草整理

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。