ジャガイモの芽欠き・土寄せ

ジャガイモの発芽が一段落したので、1株当たり2芽までに芽欠きをして整理し、化成肥料を施肥してから、1回目の土寄せをした。

写真01は芽欠き前のジャガイモ畑である。インカのめざめ17/17、ノーザンルビー14/16、シャドークイーン18/18、インカルージュ15/16、キタアカリ90/94の発芽で合計154/161が発芽して来ており、発芽率は96%である。

01芽欠き前のジャガイモ15-4-12 01芽欠き前のジャガイモ畑

写真02は各株の発芽数を2芽以下に芽欠きし、化成肥料を散布施肥してから、土寄せしたところである。三角ホーで土寄せすると、横に伸びた葉が土に埋もれてしまうので、スコップで掘り上げ、葉が太陽に当たるよう修正するのに、かなりの手間が掛かったのである。

高さが低くても畝が出来ると、ようやくジャガイモ畑と言う感じがしてきたのである。

02芽欠き土寄せ後のジャガイモ15-4-12 02芽欠き土寄せ後のジャガイモ

写真03はソラマメの生育である。花数の余りの多さに驚かされる。

03ソラマメの生育15-4-12 03ソラマメの生育

写真04はソラマメ畑の南、北の端株に大量発生したアブラムシである。気温がまだまだ低いこの季節に、アブラムシが大量発生することは予想だにしなかったことである。

アブラムシを駆除するため、マラソン乳剤を1000倍に希釈して、葉や花の表裏にしっかりと噴霧しておいた。これまでの経験から、3日ほどおいてから再度噴霧すれば、完全にアブラムシを駆除できると思っている。

04アブラムシが大発生した株15-4-12- 04アブラムシが発生した株

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。