埋設保管種の堀上げ

今日は畑に埋設して冬越しした残りの種5種を掘り上げた。雨水の侵入をしっかりブロックしたためか、過湿による腐敗がほとんど無く、全ての埋設種が元気に生育して掘り起こされたのが幸運であった。

写真01は掘り上げたヤーコンの種である。果実収獲用に5株、種用に3株を植付けるとして、ヤーコンとしては8株(×2株)植付ける予定である。

01掘り上げたヤーコン種15-4-17 01掘り上げたヤーコン種

写真02は掘り上げた里芋土垂の種芋である。ホームセンターで販売している子芋の種芋を従来は購入して植付けていたのだが、今年は畑に残っていた土垂株を3株を畑に埋設し、冬越しさせてきたのである。種芋としては普通の子芋40ケに加え、親芋も乾燥さえ防げれば、大きな子芋が収獲出来ると言うことなので、7ケの親芋を植付けることにした。

02掘り上げた里芋土垂種15-4-17 02掘り上げた里芋土垂種

写真03は掘り上げた八頭の種芋である。手では切り離せない円環になった部分から発芽して来ているが、包丁で切り放して植付けても、収穫時に円環の状態にはならないということなので、植付けを諦めたのである。周辺にあって、容易に切り離せた小さな子芋だけが、八頭の種イモとして機能を果たすらしい。

03掘り上げた八頭種15-4-17 03掘り上げた八頭種

写真04は掘り上げた秋・春ウコン種である。昨秋収獲した秋・春ウコンが今でも大量に残っているので、各5株の植付けに今年も制限しようと考えている。

04掘り上げた秋・春ウコン種15-4-17 04掘り上げた秋・春ウコン種

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。