ムカゴ支柱の組立

昨日、一昨日と敷藁が飛散しないように、網目が細かい防虫ネットを使ったが、実際には目が遥かに粗い園芸用のネットの方が、敷きワラをそのままにしたまま茎が立ち上がれるので便利なのである。

写真01は防虫ネットでは立てられない、支柱を立てて組み立てたものである。

01ムカゴ支柱の組立15-5-10 01ムカゴ支柱の組立

写真02はショウガの敷き藁ネットを防虫ネットから、園芸用ネットに変更した所である。

02ショウガ敷藁ネット変更15-5-10 02ショウガ敷藁ネットの変更

写真03は里芋の敷藁ネットを防虫ネットから、園芸用ネットに変更したものである。

敷藁を押さえたまま、茎葉が立ち上がり、収穫まで使用を続けられると思っている。

03サトイモ敷藁ネット変更15-5-10 03里芋敷藁ネットの変更

昨夜17日振りに降雨があったのだが、約2mmの雨量と少なかったので、午前中には乾いてしまい、夕方には散水せざるを得ない状態になってしまった。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。