沢庵の水が上がり始める

11月28日に漬け込んでから10日経過して、2つの沢庵の漬け樽の1ケから水が上がり始めた。

写真01は水が上がり始めた漬け樽Aである。重石を外して見ると中蓋の上まで水が上がっており、泡が彼方此方から間断なく登っきて破裂する音がして、樽全体が妙に騒がしく、発酵が進んでいる気配が漂ってきている。

水が上がり始めたので重石を11Kgから6Kgへと軽くした。

01水が上がり始めた樽A15-12-8 01水が上がり始めた樽A

写真02は水が上がらない漬け樽Bである。重石を外して見ても中蓋の下方にも水が見えていない。白いカビが所々に生えて来ているのが見えるだけで、樽全体はひっそりと静まり返っており、発酵が進んでいる気配は感じられないが、中蓋を外して糠に触ってみると十分に湿っており、大根から水分が外に出て来ているのは確かである。

重石を11Kgから15Kgへと少し重くして様子を見ることにした。

02水が上がらない樽B15-12-8 02水が上がらない樽B

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。