八頭の初収獲

役割を終えたシイタケのホダ木5本を半分に切り割りし、新品と交換した古い上敷き2畳分のゴザとともに用田農園に持ち込んで焼却炉で焼却した。乾燥し切っているので、とても良く燃えてくれた。

写真01は茎葉が枯れてしまった収獲前の八頭である。葉茎が枯れてしまっているので、これから根が生育することは無い。

01収獲前の八頭15-12-21 01収獲前の茎葉が枯れた八頭

写真02は掘り上げた2株の八頭である。上下の株でほぼ2倍ほどの子芋の生育格差があり、全12株の内訳でも生育格差が大きいのは明白である。

02収獲した八頭2株15-12-21 02収獲した八頭2株

写真03は白菜の収獲である。外側の皮は寒さで傷んで来ているが、数枚落としてしまえば美しく美味しい白菜となるのである。

03白菜3ケの収獲15-12-21 03収獲した白菜3ケ

写真04は八頭の種イモ22株を、越冬のための穴の中に配置したところである。畑土を掛けてから、藁を重ね、畑土で覆ってから、ブルーシートで水と風の侵入を防いである。

04穴に埋めた八頭の種22ケ15-12-21 04穴に埋めた八頭種22株

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。