ジャガイモの収獲

ジャガイモの茎葉が枯れ始めてきたので、ジャガイモの収獲を行った。もう少し早めから、試し掘りを続けていれば、超巨大に生育して割れてしまった約4Kgほどの実の損傷を防止出来た可能性が高く、農業には必ず手間暇をかけなければならないと反省したのである。

写真01は茎葉が枯れ始めた収獲前のジャガイモ畑である。

01収獲前のジャガイモ畑16-6-15 01収獲前のジャガイモ畑

写真02は収獲後のジャガイモ畑である。ジャガイモを傷付けないように、シャベルを使わず、両手の感触だけで畑土を起こして収獲を行ったので、未収穫のままに、ジャガイモが少し残っている可能性が高い気がする畑である。

02収獲後のジャガイモ畑16-6-15 02収獲後のジャガイモ畑

写真03は収獲したジャガイモである。一輪車の2ケの網袋に収納されているのはインカのめざめ大小、5ケのプラスティックBOXに収納されているのはキタアカリである。

自宅に持ち帰り、台秤で正確に計測したところ、インカのめざめは7.7Kgの収獲量で、種イモ500gからの収獲倍率は15.4倍、キタアカリは93.72Kgの収獲量で、種イモ3Kgからの収獲倍率は31.24倍であった。

私の個人的な印象では、今年のジャガイモの収獲は、十分な豊作であったと思っている。この春先には雨が多く、白カビによりタマネギが多数腐ってしまったが、ジャガイモには多湿が好影響を与えたようである。

03ジャガイモの収獲16-6-15 03ジャガイモの収獲

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。