紫いもの追植

紫いもの蔓苗が3株ほど適当な長さに生育してきたので、用田農園に追植した。

用田農園のサツマイモ畑では、紫いもが全体で8株ほど欠品となっていたので、不足する5株分については、写真01の右から2畝に当たる、紫いもの蔓から長く伸びた部分を5ケ所ほど切り取り、追植に回した。

01紫いもの追植16-6-16 01紫いも蔓苗の追植

これでベニアズマ、紫いもともに、全ての畝全体に渡って蔓苗が植付けられたことになり、後は生育を待つばかりとなったのである。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。