ハツカダイコン初収獲

9月30日に種蒔きして30日目でハツカダイコンを収穫した。カブとハツカダイコンは狭い区画でも種蒔きさえしておけば、短期間で収獲出来るので便利な野菜である。

写真01は収穫前のハツカダイコンである。

01収穫前のハツカダイコン16-10-31 01収穫前のハツカダイコン

写真02は初収獲したハツカダイコンである。40ケ、800gの収穫であった。

02収穫したハツカダイコン16-10-31 02ハツカダイコンの収穫

写真03は収穫したサトイモ(土垂)3株、ヤマトイモ1株である。

サトイモは親芋1.85Kg(累計4.6Kg)、子芋4.55Kg(累計10.3Kg)、ヤマトイモは1株が3ケに分かれているが合計で1.55Kg(累計2.65Kg)である。

ヤマトイモの堀上げ方についてベテランのH氏より実地指導を受けたが、周囲をかなり大きく掘った方が安心してシャベルを深くまで打ち込むことができ、結果的に早く完全な芋を掘り上げることが出来そうである。

03サトイモの収穫16-10-31 03サトイモ等の収穫

写真04は食害が著しい芽キャベツである。葉が網のようになってしまった芽キャベツはこの1株だけなので、葉を軽く揺すってみると、モンシロチョウの中小の青虫がバラバラと落ち、裏返して捕殺した青虫を合わせると、20匹を越す青虫の食害に遭っていたのである。丹念に調べて青虫はすべて駆除したので、これからは安心して葉を生育させられるだろう。

04食害が激しい芽キャベツ16-10-31 04食害が顕著な芽キャベツ

写真05はお隣のN氏より頂いた食用菊の生育である。もう少し大輪の花にまで生育させてから食べてみようと思っている。

05食用菊の生育16-10-31 05食用菊の生育

ザル菊の植替え

白、赤、黄色のザル菊3株を用田農園から、自宅の家庭菜園#1畑に植え替えた。

01植え替えたザル菊16-10-27 01#1畑に植え替えたザル菊

手前の株が白色株で、株の大きさは一番大きいが、花は未だ蕾で開花が一番の遅れており、左隣が赤色株で大きさも開花も中間、一番左側奥が黄色株で、大きさは一番小さいが、開花は一番進んでいる。

レタス、パセリ苗をコンテナに植替え

冬の葉物野菜を例年通りにコンテナ10ケに植え替えて、2Fベランンダで育てることにした。

写真01は2Fベランダに並べられた、レタス7ケ、ルッコラ1ケ、パセリ2ケのコンテナ10ケの全景である。

01レタスの植付け16-10-27 01レタス、ルッコラ、パセリ

写真02はルッコラである。ゴマの香りが豊かな珍しい野菜である。

02ルッコラ16-10-27 02ルッコラ

写真03はパセリである。種蒔きしても発芽まで2週間ととても遅く、発芽率も悪いので、最近は手抜きをして専らホームセンターで苗を購入して植付けている。

03パセリ16-10-27 03パセリ

写真04はレタスである。コンテナ7ケほどのレタスが来春まで常時あると、妻にはとても便利なものらしい。

04レタス16-10-27 04レタス

高菜の植付け

9月28日にポット40ケに種蒔きして2Fベランダで生育させてきた高菜の苗を、家庭菜園#7に地植えした。

写真01は地植えした高菜の苗である。

01高菜の植付け16-10-26 01#7に地植えした高菜

各個所に2~3株づつ地植えしたが、1晩で6株ほどがネキリムシに喰い切られてしまったので、翌日オルトラン粒剤を散布した。

スカシユリの球根植付け

用田農園でお隣の畑のN氏から頂いた、珍しい色合いである黄色いスカシユリの球根を#8の家庭菜園に植付けた。

写真01は7ケの球根を、約20cmの深さに掘り下げた溝に配置した所である。大きな球根が1ケあり、小さく割ろうとしたのだが、簡単には分離しなかったので、大きいままで植付けた。それが左側の上の丸い穴に配置した球根である。

01ユリ球根の配置16-10-25 01スカシユリの球根配置

写真02は覆土してから鎮圧したところである。かなり深い所に埋めたので、雪が積もってもダメージを受けずに来春には発芽してくるだろうと楽しみに期待している。

02覆土鎮圧16-10-25 02覆土、鎮圧

長ネギの土寄せ

長ネギの雑草を整理してから土寄せした。

写真01は雑草整理前の長ネギである。

01雑草整理前の長ネギ16-10-24 01雑草整理前の長ネギ

写真02は雑草を整理してから、土寄せをした後の長ネギである。

02土寄せ後の長ネギ16-10-24 02土寄せ後の長ネギ

写真03は雑草整理前のニラである。とても細い発芽であるので、雑草の逞しさとは比較できない弱々しさである。

03雑草整理前のニラ16-10-24 03雑草整理前のニラ

写真04は雑草整理後のニラである。

04雑草整理後のニラ16-10-24 04雑草整理後のニラ

写真05は雑草整理前のラッキョウである。

05雑草整理前のラッキョウ16-10-24 05雑草整理前のラッキョウ

写真06は雑草整理後のラッキョウである。霜が降りる12月前には敷き藁をしようと考えている。

06整理後のラッキョウ16-10-24 06雑草整理後のラッキョウ

写真07はラッキョウの開花である。

07ラッキョウの開花16-10-24 07ラッキョウの開花

写真08は雑草整理前のセロリである。

08雑草整理前のセロリ16-10-24 08雑草整理前のセロリ

写真09は雑草整理後のセロリである。

09雑草整理後のセロリ16-10-24 09雑草整理後のセロリ

水菜、春菊、ノラボウ菜の初収獲

冬の葉物の代表野菜である、水菜、春菊、ノラボウ菜、チンゲン菜を初収獲した。

今年は種蒔きした9月初旬に、大量の雨が連日続いたので生育を心配していたが、無事に生育している。

写真01は雑草整理後のニンニクである。なんとか全株から新芽が生育して来ているようだ。

01雑草整理後のニンニク16-10-23 01雑草整理後のニンニク

写真02は収穫前の水菜、春菊、ノラボウ菜である。これだけの葉物野菜を食べ続けるのはとても大変である。

02収穫前の水菜・春菊16-10-23 02収穫前の水菜、春菊、ノラボウ菜

前へ 過去の投稿