ショウガの収穫

ショウガを収穫、整理した。今年の夏は雨が多かったのでショウガが伸び伸びと生育し豊作であった。

写真01は収穫前のショウガ畑である。雨が多かったので、種ショウガ1ケから5~6株の茎葉が盛大に繁茂している。これほどの繁茂は用田農園での6年間で初めてのことである。

01収穫前のショウガ畑16-10-18 01収穫前のショウガ畑

写真02は収穫してから、自宅で泥を洗い落としたショウガである。大きなザルは新ショウガで、2つ合わせて21.1Kg、小さなザルはひねショウガで1.45Kgである。すごく大きな新ショウガの塊が多いのが今年の特徴で、豊作であったと感じ入っているのである。

02ショウガの収穫16-10-18 02収穫したショウガ

写真03はショウガを収穫した後の、収穫跡地である。慎重に掘り上げれば、ひねショウガが数個は出てきそうであるが、今年は十分な収穫であったので、やらない

03ショウガの跡地16-10-18 03ショウガの跡地

写真04はモロヘイヤの生育で、すべての脇芽から小さな実が結実してしまっている。実は有毒なので、誤って食べないために、今年の収穫を、終了とせざるを得ない。

04結実したモロヘイヤ16-10-18 04結実したモロヘイヤ

写真05は左奥側の地盤が掘れ、地盤が傾いてしまった補修前の500Kg雨水タンクである。毎日のように傾きが増しており、このままの状態が続けば、500kgのタンクが斜め左後方に滑り落ち地仕舞いそうな恐れがある。

05地盤補修前のタンク16-10-18 05地盤補修前のタンク

写真06はタンクの雨水を掻き出してから移動させた雨水タンク下の、傾いた地盤である。地面から立てて使っている軽量ブロックが、左奥側から、地面の中にめり込んでしまったようだ。

雨水タンクには500Kgの雨水が溜め込まれていたが、約半分の250Kgの雨水は、写真05の後方に見えるお隣の畑の空の浴槽に一時的に移動させ、残りの250Kgの雨水はタンク内に発生した藻の清掃に使ってから、もったいなかったが畑に撒いて捨ててしまった。

06傾いた地盤16-10-18 06傾いた地盤

写真07は地面に土盛りしてから突き固め、軽量ブロックを横向きにして面積を広げて、地盤を改良した上に戻した500Kgの雨水タンクである。

中身の雨水は、250Kgと約半分に減ってしまったが、この時期は雨水を多量に使うことがないので問題は無いだろう。

07地盤補修後のタンク16-10-18 07地盤補修後のタンク

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。