沢庵の漬け込み

11月20日に沢庵大根を収穫して、天日に干してきたが、今日で予定の10日目になったので、干し場から取り込んで、漬け込むことにした。

写真01は干し場から下ろし、はさ掛けに必要であったヘタを除去した沢庵大根である。

36本で26.25Kgの重さになっていた。

01天日干し完了の大根16-11-30 01天日干し完了の沢庵大根

写真02は沢庵大根に対して、米糠を6.5%の1.7Kg、粗塩を2.3%の600g、砂糖1.4カップにウコンのすり下ろし(黄色の発色用)、鷹の爪、コンブ、ミカン、リンゴの皮を混ぜて漬け粉を作り、天日干しして曲げやすくなった沢庵大根を、漬け樽の中に順次積み重ね、曲げながら漬け粉を振って漬け込んだものである。

中央部分には隙間が出来て仕舞うので、青首大根をカットして隙間を埋めてある。青首大根は干していないので、漬け樽の水分補給にも有効で、漬けた後には食べても美味しいのである。

02塩糠を振りながら漬け込む16-11-30 02塩米糠を振り樽に漬け込む

写真03は一番上に最後に青首大根の葉を敷き詰めた漬け樽を3ケ作り、重石を乗せて冷暗所に保管した所である。重石は12.5Kgとかなり重くしてあり、約10日ほどで水が上がってきたら軽くする予定である。

03重石を乗せて冷暗所に保管16-11-30 03重石を乗せ冷暗所に保管

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。