キタアカリ種芋購入

今朝の気温は2℃であったが、車の窓ガラスがガチガチに凍っており、ホースで水道水を丹念に掛けて氷を溶かし、十分な時間を掛け準備を整えてから出発した。

用田農園に着いてからは、最初にお正月の玄関飾りや門松を、焼却炉で燃やしたが、霜柱と霜で真っ白に凍結した畑には手が出せず、温まってくるまで周辺を散策した。

写真01は近傍をゆったり流れる目久尻川である。相模川の下流から2番目の支川である。

01目久尻川17-1-10 01目久尻川

写真02は雲一つない青空の下に、昨日降った雪を真っ白に頂いた、ホームセンターから眺めた富士山と丹沢山塊である。こうして見ると丹沢山塊まで遮るものが無く、用田農園は秦野盆地と繋がっているのだと改めて実感するのである。

02富士山17-1-10 02富士と丹沢山塊

写真03はホームセンターで購入し、例年より早めに手当てした種ジャガイモのキタアカリ4Kgである。インカのめざめやシャドークイーンは未だ販売されていなかった。

昨年生産地の北海道が壊滅的な水害被害を受けたので、今年のジャガイモの種芋が不足するのではと言う懸念が用田の仲間内では広がっていたが、今日ホームセンターを回ってみた印象では、各店で種芋の数量が十分に確保され、種芋の品質も良好で、価格も従来通りに維持されており、悪影響は感じられなかった。

03キタアカリ種いも17-1-10 03キタアカリ種芋

カリフラワー初収獲

新年初めて用田農園の様子を見に行った。

写真01は冬枯れの用田農園北である。掘り上げてから浅く斜めにして土を被せて寝かせてある青首大根は、傷みもせずに地中に保管されているようだ。

01用田農園北17-1-5 01用田農園北風景

写真02は冬枯れの用田農園南である。寒風に晒されても、ソラマメ、スナックえんどうの苗は枯れることなくすくすくと生育しているようだ。

02用田農園南17-1-5 02用田農園南風景

写真03は野菜の収穫である。内訳は、カリフラワー1ケ初収獲、ブロッコリー5ケ、キャベツ1ケ、長ネギ5本、ニンジン6ケである。

カリフラワーは昨年末には小さかったので、新年に入ってから急に大きく生育したようである。

03野菜の収穫17-1-5 03野菜の収穫

初詣

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。

地元の神社とお寺に妻と初詣でに行った。これで朝からお酒を飲み続けた怠惰なお正月は終わりで、明日からは再び畑仕事とウオーキングの規則正しい生活に戻る予定である。

写真01は自宅から一番近い滝ノ沢不動尊である。現役で通勤していた頃は、毎朝6:20にこの前のバス停からバスに乗り出発し、23:00に疲れ果てて帰ると言う、規則正しい仕事に通っていたのである。

01滝ノ沢不動17-1-4 01滝沢不動尊

写真02は地元の氏神様である遠藤御嶽神社である。参道が西を向いており、晴れていれば真正面にかなり大きく富士山が見えるのである。

02御嶽神社17-1-4 02遠藤御嶽神社

写真03は神様ではないが、曹洞宗の禅寺である宝泉寺の山門である。両側を仁王様がしっかり守っている。

03宝泉寺山門17-1-4 03宝泉寺山門

写真04は本堂の脇に安置されている撫で仏である。仏に触ってから悪い所を撫でると治ると言うので、今年は認知性にならないように頭を何回も撫でてお祈りしておいた。

04撫で仏17-1-4 04撫で仏

玄関飾り

お正月の玄関を飾る玄関生け花と玄関飾りである。

写真01の玄関生け花は妻が飾ったもので、毎年のように少しづつ前衛的に進歩しており、今年の出来栄えはとても素晴らしいと私は思っている。

02玄関生け花17-1-1 01玄関生け花

写真02の玄関飾りはホームセンターで購入したものである。来年自作すべく構造を詳しく調べてみたが、簡単には作れそうもない感じであった。

5月の畑仕事の最繁忙期を過ぎたら、稲藁で藁縄を作ることから少しづつ練習を始めてみようと思っている。

01玄関飾り17-1-1 02玄関飾り

次へ 新しい投稿