真保裕一

真保裕一の著書40冊を2回目の読了をした。

最近の読書は、専らネットで検索予約ができる藤沢図書館から毎週2冊の割合で借りてきて、毎月8冊、年間約100冊という少量をスローペースで熟読している。

私も高齢となり人生の先行きも短くなってきたので、今まで感動を受けた作家に限定して読み返すことにしており、宮部みゆき60冊、松本清張120冊、東野圭吾90冊、池波正太郎100冊、藤沢周平60冊、山本周五郎60冊、真保裕一40冊、その他70冊の約600冊を繰り返して読んでいるが、7年ごとに読み返すので内容をほとんど忘れており、何時も新鮮な感動を覚えながら読書を楽しんでいる。

これまで2巡した作家は、宮部みゆき、松本清張、池波正太郎、真保裕一、横山秀夫の5人で、今年は東野圭吾に取り掛かる予定である。

若いころに繰り返して読んでいたのは、ロマンロランのジャンクリストフ、吉川英治の宮本武蔵、司馬遼太郎の竜馬がゆく、五木寛之の青春の門であるが、今では繰り返し読む本の中に入っていない。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。