ジャガイモの植付け

例年より2週間早く種ジャガイモ(キタアカリ)の植付けを行った。ベテランのH氏によれば、種ジャガイモの植付けは早過ぎても障害が無いので、1月に植付ける人もいるらしい。

写真01はチンゲン菜の栽培跡地の開花したチンゲン菜、雑草を掘り上げて整理した所である。

01チンゲン菜・雑草整理17-2-16 01チンゲン菜・雑草の整理

写真02はミニ耕運機で土起こしをしてから、有機石灰、苦土石灰を散布し、ミニ耕運機で丁寧に掻き混ぜてから、レーキで均し、三角ホーで条間75cmで6条の溝を切ってから溝底に草木灰を散布し、4Kgの種ジャガイモを芽の位置より3~6ケに包丁で分割し、切り口を草木灰で保護してから、種間25cmで133ケ配置し、種間にジャガイモの肥料を散布した所である。

種イモ4Kgを約130ケに分割するには少し無理があり、今回はかなり小さな種イモまで生じてしまったので、来年は種イモの分量を5Kgに増やして余裕を持って分割したいと反省している。

02溝掘り・種芋配置17-2-16 02土起こし・石灰散布・溝掘り・種イモ配置

写真03は鍬で覆土してから、鍬裏でしっかりと鎮圧したところである。

03覆土・鎮圧17-2-16 03覆土・鎮圧

早春第一番の作業である、種ジャガイモの植付け作業が無事に済んだので、後は冬野菜の残務整理を続けながら、春野菜の作付け準備を順次進めて行くことになる。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。