長ネギ苗の植付け

6月29日にミニ耕運機で土起こしをしてから苦土石灰、バーク堆肥を散布し、再びミニ耕運機でかき混ぜてから、スキで溝を掘り、苗床から苗を運んできて植付けた。

今日は写真01のように、石倉一本太ネギを2畝分だけ植付けて終了とした。

01長ネギの植付け17-6-29 01長ネギ苗の植付け

翌日の6月30日に続きの作業を行い、写真02のように石倉一本太ネギは3畝分、九条太ネギは1畝分だけ植付けた。

01長ネギの植付け17-6-30 02長ネギ苗の植付け完了

今年は苗の生育が順調であったので、写真03のように、長ネギの苗床には植付けた苗と同数程度の苗が残ってしまった。これは薬味用の細ネギとして利用する予定である。

02大量に余った長ネギ苗17-6-30 03大量に余った長ネギ苗

タマネギ跡地の雑草整理

タマネギの跡地に長ネギを植付けるために、雑草の整理を始めた。写真01は雑草整理を始める前の玉ネギ跡地である。

01雑草整理前のタマネギ跡地17-6-23 01雑草整理前のタマネギ跡地

結局4日間かけて雑草と格闘して、6月27日にようやく写真02のような雑草整理が終了したのである。

01タマネギ跡地の雑草整理17-6-27 02雑草整理後のタマネギ跡地

 

トマト・キュウリに防虫ネット

例年はほとんど狙わないカラスが、今年は目の敵にして食害を起こしているのがキュウリと中玉トマトなので、止むを得ずに防虫ネットを張ってガードした。

写真01はとうもろこしの左右壁面に防虫ネットを張り、天井と前後の壁面には鳥獣ネットを張ってアライグマの食害に備えたものである。お隣のベテランH氏は捕獲器をセットしてアライグマに対抗しようとしたが、今年は相手方の技術進歩が進んでおり、荒らされるだけであったようだ。

01とうもろこし防虫ネット176-22 01トウモロコシに防虫ネット

写真02はキュウリ・トマトに防虫ネットを張り、カラスの食害に備えた所である。今年のカラスは小玉スイカの小さな実まで盛んに食べており、キュウリも美味しいと感じているようである。

02トマトキュウリ防虫ネット17-6-22 02キュウリ・トマトに防虫ネット

写真03は小さな苗木のオクラに開花した美しい花である。

03オクラ開花17-6-22 03オクラの開花

サトイモ雑草整理・施肥・土寄せ

サトイモ、ヤツガシラの雑草を整理してから、化成肥料を施肥し、土寄せした。

写真01はサトイモ、ヤツガシラの雑草を整理してから、化成肥料を施肥し、土寄せしたところである。

梅雨入りしてから雨が降っていないために、生育が極端に悪く、小さく発芽した状態のままの株まであり、かなりの不作になりそうである。雨降りが復活してくれることを期待するしかない。

01サトイモ施肥土寄せ17-6-20 01サトイモに施肥土寄せ

スカシユリの開花

用田農園でお隣のN氏より頂いたスカシユリが開花した。

写真01はスカシユリの開花である。黄色の花びらにオレンジ色の模様が美しい。

01スカシユリ開花17-6-19 01スカシユリの開花

写真02は玄関脇の手鞠アジサイの開花である。今年は梅雨入りしてから干ばつが続いているので、花びらが小さく縮まってしまい、美しくないのである。これほど酷いアジサイの花を観るのは初めてのことである。

02アジサイ開花17-6-19 02アジサイの開花

ジャガイモの収穫

ジャガイモ(キタアカリ)の2畝目を収穫した。

前回の収穫では重さを計測していなかったので、今回は計測した。サイズの大きなものが10.35Kg、サイズの中小のものが5.35Kgで、合わせて15.7Kgの収穫であった。

全部で6畝に作付したので、合計では94.2Kgの収穫になる。

01ジャガイモの収穫17-6-19 01ジャガイモの収穫

ヤーコン施肥・土寄せ

ヤーコンの雑草を整理し、両側に線状の溝を掘ってから、化成肥料を溝に施肥し、覆土した。

写真01は順調に生育しているヤーコンの雑草を整理してから、両側に線状に溝を掘ってから、化成肥料を溝に施肥し、覆土、鎮圧したところである。

今年は月に1回のペースで追肥をして見ようと思っている。

01ヤーコン施肥17-6-18 01ヤーコンに施肥

写真02はタアサイ・パクチーの雑草を整理したところである。タアサイは虫にとっても美味しいらしく、青虫がたくさん付いてバリバリと食害に励んでおり、今からネットを掛けても間に合わない感じである。

02タアサイ・パクチー雑草整理17-6-18 02タアサイ・パクチー雑草整理

写真03はハツカダイコンの収穫である。高温の生育期に1ケ月も放置し、生育させ過ぎてしまった失敗作である。

03ハツカダイコン収穫17-6-18 03ハツカダイコン収穫

前へ 過去の投稿