タマネギを網袋に入れ吊るす

タマネギの収穫から5日経過し、葉根が枯れ萎れてきたので、葉根をカットし、20Kgの網袋18袋に470ケのタマネギを収納してトタン屋根の下に吊るした。タマネギを腐らせないポイントは風通しの良さであるようなので、今年は長期保管に期待が持てるかもしれない。

写真01は網袋に入れてトタン屋根の下に吊るしたタマネギである。

01網袋に入れ吊るす17-6-3 01網袋に入れて吊るす

重さは測っていないが、かなり大玉なので重い。中晩生のタマネギ大玉20ケ入りの網袋が10袋、中晩生のタマネギ並玉35ケ入りの網袋が6袋、赤タマネギ大玉30ケ入りの網袋が1袋、赤タマネギ並玉30ケ入りの網袋が1袋で、18袋に470ケのタマネギを収納して吊るしてある。

中晩生の小玉63ケ、赤タマネギの小玉14ケは吊るさずに自宅に持ち帰った。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。