小玉スイカの管理開始

例年より遅れてしまったが、今年も小玉スイカの管理を開始した。

7月6日現在で把握できている小玉スイカの実の数は10ケで、#を振り、#を書き込んだプレートを近傍に立て、座標を配置表に書き込み、2~3日毎に直径を計測して推移が分かるようになっている。

10ケの内訳は、13cm1ケ、12cm2ケ、11cm2ケ、10cm3ケ、9cm2ケである。

01小玉スイカの管理17-7-6 01小玉スイカの管理

直径が14cmを越えたら収穫時期が近いので、ひげ蔓が枯れているかどうかを注意深く見守り、枯れたら即収穫にしている。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。