ボタンクサギ開花

ボタンクサギの濃紅色の蕾が開花し、ピンク色の花が開き始めてきた。

この花は10月頃まで4ケ月に及ぶ長期に渡って花を咲かせ続けるので楽しみである。

01ボタンクサギ開花17-7-26 01ボタンクサギの開花

桃の収穫

自宅の桃は今年が収穫元年という結実ぶりで、約半分に摘果し、袋掛けもしたが、割れや腐りが生じ、食べる果実と言う意味では結果として失敗に終わった。

写真01は収穫前の桃である。半分程度に摘果して実の数を減らし、半分ほどに袋掛けをしたが、摘果の数は来年は大幅に増やした方が良さそうである。

01収穫前の桃17-7-23 01収穫前の桃

写真02は収穫した桃の実である。18ケの桃を収穫したが割れや腐りが入っている実が大半であった。殺菌剤や殺虫剤を使わずに、なんとかもう少しまともな姿の実に生育させたいものだ。

02収穫した桃17-7-23 02収穫した桃

スカシユリの開花

用田農園でお隣のN氏より頂いたスカシユリが開花した。

写真01はスカシユリの開花である。黄色の花びらにオレンジ色の模様が美しい。

01スカシユリ開花17-6-19 01スカシユリの開花

写真02は玄関脇の手鞠アジサイの開花である。今年は梅雨入りしてから干ばつが続いているので、花びらが小さく縮まってしまい、美しくないのである。これほど酷いアジサイの花を観るのは初めてのことである。

02アジサイ開花17-6-19 02アジサイの開花

スカシユリの新芽

今日は用田農園で土起こしをしようと考えていたのだが、南風の強風が凄まじく、ミニ耕運機を動作させることが出来ず、畑作業は雑草整理をしただけで終ってしまった。

我が家の庭では、昨秋にお隣の畑のN氏より頂いたスカシユリの球根から新芽が発芽してきた。7株植付けた球根から、7株が発芽してきたので100%の発芽率である。

写真01はスカシユリの新芽である。

01ユリの発芽17-4-6 01スカシユの発芽

写真02は桃の開花である。毎年のように樹勢が勢いを増して来ており、順調に樹木が生育しているようである。

02桃の開花17-4-6 02桃の開花

写真03はカイドウの花蕾である。大きく膨らんだ今の花蕾の時が、ピンク色が濃く一番美しい時なのである。

03カイドウ花蕾17-4-6 03カイドウの花蕾

写真04はムスカリの開花である。この状態が花であるかどうか私には分からないが、松ボックリのような傘を裏返して調べている妻には、しっかりと花であることが分かっているようだ。

04ムスカリ17-4-6 04ムスカリの開花

写真05はアネモネの開花である。

05アネモネ開花17-4-6 05アネモネの開花

写真06はシャクヤクの新芽である。

06シャクヤクの新芽17-4-6 06シャクヤクの新芽

写真07はハナニラの開花である。

07ハナニラ17-4-6 07ハナニラの開花

写真08はサクラソウの開花である。

08サクラソウ17-4-6 08サクラソウの開花

花果樹に蕾が

春の訪れとともに我が家の花果樹にも蕾がほころび始めて来ている。

写真01はアンズの花蕾である。

01アンズの花蕾17-3-20 01アンズの花蕾

写真02は桃の花蕾である。

02桃の花蕾17-3-20 02桃の花蕾

写真03はカイドウの花蕾である。

03カイドウの花蕾17-3-20 03カイドウの花蕾

写真04はモッコウバラの花蕾である。

04モッコウバラの花蕾17-3-20 04モッコウバラの花蕾

写真05はシャクヤクの新芽である。

05シャクヤクの花蕾17-3-20 05シャクヤクの新芽

写真06はボタンクサギの新芽である。昨年は3株だったのが1冬で2倍以上の7株に増えている。

06ボタンクサギの新芽17-3-20 06ボタンクサギの新芽

早春の花

我が家の早春の庭を彩る草花である。

01さくらそうと水仙17-3-6 01さくらそう

02水仙17-3-7 02水仙

03クロッカス17-3-6 03クロッカス

04ハナニラ17-3-6 04ハナニラ

05スノーボール17-3-6 05スノーボール

ザル菊の植替え

白、赤、黄色のザル菊3株を用田農園から、自宅の家庭菜園#1畑に植え替えた。

01植え替えたザル菊16-10-27 01#1畑に植え替えたザル菊

手前の株が白色株で、株の大きさは一番大きいが、花は未だ蕾で開花が一番の遅れており、左隣が赤色株で大きさも開花も中間、一番左側奥が黄色株で、大きさは一番小さいが、開花は一番進んでいる。

前へ 過去の投稿