ザル菊の植付け

用田農園のザル菊を再配置して余りがでたので、自宅の家庭菜園#1畑に、黄色、赤色、白色各1株を植付けた。

写真01は各色1株づつ3株のザル菊を植付けた#1畑である。

01ザル菊の植付け17-8-4 01#1畑にザル菊3色株植付け

 

ザル菊の植替え

昨日雑草を整理したザル菊がかなり重なり合っていることが分かったので、株間を75cm~80cmに広げて再配置した。

写真01は植替え後のザル菊で、黄色8株、白色4株、赤8株とかなり間引きをした。

01植替え後のザル菊17-8-4 01ザル菊の植替え

写真02は食用菊とバジルの生育である。食用菊6株には株当たり2本の竹の支柱を立ててしっかり誘引した。

02食用菊とバジル17-8-4 02食用菊とバジル

サトイモ・ザル菊・とうもろこしの雑草整理

サトイモ、ザル菊、とうもろこし、ノラボウ菜の跡地の雑草整理を行った。

写真01は雑草整理前の東側のサトイモ畑である。イネ科の背の高い雑草が繁茂してモロヘイヤは枯れてしまっていた。

01雑草整理前のサトイモ畑17-8-3 01雑草整理前のサトイモ畑

写真02は雑草整理前のザル菊畑である。雑草も繁茂しているが、ザル菊同士がぶつかり合っており、引き離して植え直さないと鑑賞に耐える形になりそうもない。

02雑草整理前のザル菊畑 02雑草整理前のザル菊畑

写真03は雑草整理前のとうもろこし畑である。黒マルチを剥がし、とうもろこしの根っ子を掘り上げ無いと雑草の整理ができない。

03雑草整理前のとうもろこし畑17-8-3 03雑草整理前のとうもろこし畑

写真04は雑草整理後の東側のサトイモ畑である。サトイモは元気に生育しているようである。

04雑草整理後のサトイモ畑17-8-3 04雑草整理後のサトイモ畑

写真05は雑草整理後のザル菊畑である。雑草を整理した東側のインゲン跡地に株間を広げて植え直さないといけない。

05雑草整理後のザル菊畑17-8-3 05雑草整理後のザル菊畑

写真06は黒マルチを整理し、とうもろこしの根っ子を掘り上げてから雑草を整理したとうもろこしとノラボウ菜、パクチー、タアサイの跡地である。

06雑草整理後のとうもろこし畑17-8-3 06雑草整理後のとうもろこし畑

インゲン・とうもろこし支柱整理

用田農園では、昨日の累加雨量100mmの大雨の被害は全く無かった。畑の雨の吸収量はすごいものであると感心した。

今日は、インゲンととうもろしの残骸を整理し、支柱とネットを片づけた。

インゲンととうもろこしの収穫は終っており、残骸が残されたままとなっていたので、残骸を整理し、支柱とネットを片づけた。

写真01は残骸を整理し、支柱とネットを片づけ終えたところである。雑草の整理にはかなり日数がかかりそうである。

01インゲン・トウモロコシ支柱整理17-8-2 01インゲンとうもろこしの整理

写真02は昨日の大雨で、ニンジンが発芽してきたので、寒冷紗を外したところである。種蒔きから僅か4日しか経過していないが、雑草の双葉の新芽とは明らかに異なる、ニンジンの細い新芽が多数生えてきていたのである。

02ニンジン発芽17-8-2 02ニンジンの発芽

大雨のせいで、小玉スイカ#30が玉割れしたが、ツルヒゲが若々しいままなので防ぎようが無かった。野菜の収穫は、オクラ42ケ(累計595ケ)、ピーマン24ケ(累計318ケ)、ナス26ケ(累計150ケ)、中玉トマト9ケ(累計448ケ)、キュウリ9ケ(累計274ケ)である。

インゲンの収穫

インゲンが成熟し、黄色くなってきたので収穫した。

写真01は葉の一部が黄色くなり、鞘が成熟して黄変した収穫前のインゲンである。

01収穫前のインゲン17-8-1 01収穫前のインゲン

写真02は収穫したインゲンである。1袋に250ケのインゲンが詰め込まれており、全部で1,000個の収穫であった。ほほ1袋分は鞘が未だ緑色のままであったが、この状態で実を取り出すことにした。

02収穫したインゲン17-8-1 02収穫したインゲン

写真03は午後から天気予報が大雨を予想していたので、実割れを起こさないように、直径が14cm~15cmの大ぶりの5ケの小玉スイカ#11、#12、#13、#15、#27を収穫した所である。蔓ヒゲが枯れているのは#27だけである。

03収穫した小玉スイカ17-8-1 03収穫した小玉スイカ

天気予報通り、14:00前から雨が降り始め、現在は雷が暴れる中での強雨になっている。

写真04は妻が2日を掛けてインゲン豆を鞘から取り出し、ザルに広げたところである。実の重さは1.5Kgであった。しばらく天日に干してから冷凍保存しようと思っている。

04インゲンまめ17-8-3 04インゲン豆を干す

小玉スイカの玉割れ

昨日の2週間ぶりのまとまった降雨の影響で、水分を余剰に吸収し過ぎた未成熟の小さな小玉スイカ#21が1ケだけ玉割れしていた。

果皮が薄い、トマトや小玉スイカでは雨の影響が避けられないが、成熟して蔓ヒゲが枯れていた3ケのスイカ#19、#22、#25を慌てて収穫した。

01割れた小玉スイカ17-7-31 01玉割れした小玉スイカ

長ネギ畑の雑草整理・施肥・土寄せ

長ネギ畑の雑草を整理してから、化成肥料を施肥し、土寄せした。

写真01は雑草が繁茂する長ネギ畑である。

01雑草整理前の長ネギ畑17-7-31 01雑草整理前の長ネギ畑

写真02は2日を掛けて雑草を整理した後の長ネギ畑である。

02雑草整理後の長ネギ畑17-7-31 02雑草整理後の長ネギ畑

写真03は化成肥料を施肥し、土寄せした後の長ネギ畑である。

03施肥・土寄せ後の長ネギ畑17-7-31 03施肥・土寄せ後の長ネギ畑

前へ 過去の投稿 次へ 新しい投稿